簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

AMSニュース

簡単ホームページ作成ツール「AMS」の便利な使い方や新機能などを随時お知らせ


ホームページを作成する時、一番最初にすることがドメインの取得です。
ここでは、ドメインを決める際の3つのポイントをお伝えしますので、ご参考になれば幸いです。

ポイント1.なるべく短く、覚えやすい物にする

文字数に制限はありませんが、あまりにも長いと閲覧者が見づらくなってしまうため、

ドメインは短く覚えやすい物がオススメです

AMSでは、取得したドメインのメールアドレスを作成できますが、ドメインが長いとメールアドレスはもっと長くなってしまいます。
その点からも、なるべく短く覚えやすいドメインをオススメします。

※ドメインには以下の文字列が使用可能です。
  • 半角英小文字 (a~z) ※大文字、全角文字は使用できません
  • 半角数字 (0~9) ※全角文字は使用できません
  • 半角ハイフン (-) ※最初や最後に使用したり、連続使用はできません

ポイント2.会社名や屋号を含める

ドメインを決める際には

ドメインを見て「何のホームページか?」が閲覧者に伝わる物がオススメです

会社のホームページを作成するのであれば、会社名や屋号を含めることが重要です。
ただし、他の誰かが取得済みであれば、そのドメインは残念ながら使用できません。

下記ページで、ご希望のドメインが取得可能か調べることができます。
http://amsstudio.jp/business/scene_domain.html

ちなみに、[.com] [.net] などのことを「トップレベルドメイン(TLD)」と言います。
AMSの ACEプラン / LEOプラン では[.com] [.net] [.biz] [.info] [.org] のドメインが取得でき、人気があるのは [.com] [.net] ですが [.biz] [.info] [.org] でも一般的です。
※その他のドメインをご希望の場合は、AMSサポートセンターへお問い合わせください。

ポイント3.サービス名や地域名を含める

場合によっては、

ドメインにサービス名を入れることも考えてみてください

例えば、学習塾であれば「ams-jyuku.com」、整体であれば「ams-seitai.net」など、会社名とサービス内容を組み合わせたドメインにすると「何のホームページか?」がわかりやすくなります。
地域密着型のビジネスであれば「ams-kanazawa.biz」「ams-ishikawa.info」というように、会社名と地域の組み合わせもオススメです。

SEOに有利なドメインは?

ドメインを決める際によく「SEOに有利になるようにしたい」という質問をいただきます。
下記によくある質問をまとめたのでご参考になさってください。

Q.ドメイン名に検索キーワード入れると有利ですか?

A.若干影響がある、と言われていますが微々たるものです。
それよりも、ドメインを見て「何のホームページか?」がわかることの方が重要です。

Q.検索キーワード入りの「トップレベルドメイン(TLD)」はSEOに有利ですか?

A.どのトップレベルドメイン(TLD)を使ってもSEOに有利不利ということはありません。
「.tokyo」「.clinic」「.yoga」「.coffee」「.弁護士」など多種多様なドメインが取得できるようになっていますが、検索エンジン最大手のGoogleは「トップレベルドメイン(TLD)にSEO的効果はない」と公式発表しています。

Q.日本語ドメインはSEOに有利ですか?

A.日本語ドメインがSEOに有利ということはありません。
一時期、「ホームページ作成.com」「製作代行.net」などの日本語ドメインにするとSEO的に有利な時期がありましたが、検索エンジンのバグのようなものだったので、すぐに修正されました。
また、日本語ドメインにするとドメインに紐ついたメールアドレスは工夫しないと使用できませんので、AMSではあまりオススメしていません。

まとめ

一番大切なことは

閲覧者がドメインを見て「何のホームページか?」が分かり、なるべく短く、覚えやすい事です

ホームページを作る時も同じですが、閲覧者が見てどう感じるか? ということに尽きるのではないかと思います。

ドメインは世界でただ一つのあなたのホームページの住所です。
今回の記事を参考に気に入ったドメインを決めていただけると幸いです。

「どういうドメインにしたら良いか分からない」という場合には、お気軽にAMSサポートセンターへご相談ください。
この記事を書いた人
AMSスタッフ

加藤 忠お客様サポート・WEB集客

ホームページを持つことで、あなたのビジネスがもっと飛躍できるためのサポートを心掛けています。

夢は全国のAMSユーザーに会いに行くこと。



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


英語格言.jpg

ホームページのメニューに英語を使いたいという方、よくいらっしゃいます。「カッコいいから」とか「オシャレだから」というのが主な理由です。

英語の方が確かにカッコいいし、オシャレですよね!

ただ、考えていただきたいのが、ホームページを一番見ていただきたい閲覧者は英語を母国語とする方でしょうか?多くの場合、日本語を母国語とする方のはずです。

閲覧者視点に立つと、英語のメニューを使うというのは単なる運営者のこだわりであり、閲覧者のためになっていないことが多いです。

たとえば「お問い合わせ」の代わりに「Inquiry」とした場合、パッと見て直ぐに理解できる方はどのくらいいらっしゃいますでしょうか。若者は理解できても、ご年配の方は意味がわからないかもしれません。

全ての閲覧者にすぐにわかるメニューであれば問題無いですが、英語を使う時点で閲覧者のターゲットは限定されてしまうことになってしまいます。

今までたくさんのホームページを制作&コンサルティングしてきた経験からすると、英語のメニューを使われているホームページは効果が出にくい傾向があります。

英語を使うことがダメというわけではない

例外として、ブランドイメージのためとか、オシャレ感を全面にだす必要のある業界の場合は、メニューに英語を使うのはありだとも思っています。

ただ、メニューに英語を使うことで日本語での検索順位的に、マイナスになることもあるので極力日本語メニューを使うことをオススメいたします。

デザイン性をアピールしたいことはよく理解できますが一旦立ち止まって、閲覧者視点で考えてみることをオススメします。

参考: 全ては閲覧者のために - ホームページ制作で絶対に抑えるべきポイントとは?
この記事を書いた人
AMSスタッフ

加藤 忠お客様サポート・WEB集客

ホームページを持つことで、あなたのビジネスがもっと飛躍できるためのサポートを心掛けています。

夢は全国のAMSユーザーに会いに行くこと。



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


提案女性.jpg

ホームページで効果を出すためには、自社(自店)の強みを打ち出すことが重要

閲覧者はたくさんのホームページを比較して、一番いいお店を選びます。比較されることが前提で、他社(他店)との違いや強みを打ち出さないとただ、比較されるだけで終わってしまいます。

金額か、サービス内容か、実績か、比較する箇所は閲覧者によって様々です。自社の強みを打ち出し、どの点が優れているかなどをしっかりとアピールしておかないと、閲覧者の比較の対象にすら入れてもらえません。

多くのホームページでは、強みや選ばれる理由が打ち出されておらずもったいないなと思うこともあります。Webコンサルティングをしていて、ホームページをお持ちの社長様に「他社との違いは何ですか?」とお聞きすると、すごく熱く語っていただけることがほとんどです。

ただ、「そのことはホームページに掲載していますか?」とお聞きすると、「いや、掲載していない」という方が多いのが現状です。

そんな時には「それをホームページに強みとして打ち出したほうがいいですよ」とアドバイスさせていただくようにしています。

時々、強みが無いんですよね……と言う方もいらっしゃいますが必ず強みがあるはずです。そんな時にはどうすればいいのでしょうか。

お客様の声を聞いてましょう

なぜ、このサービスや商品を選んだのかを実際にお客様に聞いてみましょう。そこに自社(自店)の強みや選ばれる理由があるはずです。

実は、自社(自店)の強みは、自分ではわからない場合が多いです。なぜ、選んでいただけたのか?その本当の答えはお客様しか知りません。

例えば、安さが売りと思って、価格を全面にPRしていたとしましょう。実際にご成約いただいたお客様にお申し込みいただいた理由を聞くと、安さはもちろんだが、電話の対応の良さが決めてとなったというお声を多数いただいたなら、それが貴社の強みとなります。

ビジネスをする上で当然と思っていることが、他社との差別化となり、貴社の強みとなっていきます。

お客様の声は、ホームページの効果をさらにアップできる素晴らしいコンテンツにもなります。ホームページのさらなる効果アップのためにぜひ実践してみてください。

また、こんな方法もございます。それは同業他社の欠点(課題点)を挙げてみることです。

他社の欠点を挙げられるということは、言い換えると自社がその点ができているということであり、それがそのまま自社の強みと言えてしまうのです。強みが思い浮かばず困ったときは、この方法もご検討ください。

強みや選ばれる理由はホームページのどこに配置するか

極力トップページの上部のファーストビューと呼ばれる部分に配置しましょう。全てのページをじっくり見てくれる閲覧者は少ないので、パッと見ですぐにアピールできるホームページ構成が重要になってきます。

AMSのホームページ制作代行サービスでは貴社(貴店)強みを効果的に配置する効果のあるホームページを制作いたします。

お悩みの場合はぜひご相談ください。
https://amsstudio.jp/hp_agency/
この記事を書いた人
AMSスタッフ

加藤 忠お客様サポート・WEB集客

ホームページを持つことで、あなたのビジネスがもっと飛躍できるためのサポートを心掛けています。

夢は全国のAMSユーザーに会いに行くこと。



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


PCをする女性.jpg
ホームページは誰のために存在しているのでしょうか。間違いなくホームページを見る側の人(閲覧者)のためですよね。

ホームページを持つ目的は、お問い合わせをもらってビジネスに繋げるためです。ホームページで伝えたいことは、商品やサービス内容だったり、皆様に知って欲しいことです。

見てもらえる方がいて、はじめて価値が出てくるのがホームページです。そのことを、見せる側(ホームページ運営者)になると、なぜか忘れてしまうことも……

ミリ単位の配置、文字の色や大きさ等にこだわるホームページ運営者様も時々いらっしゃいますが、閲覧者の立場に立って考えてみましょう。

あなたが日頃ホームページを見る際に、どこを見ていますか?商品の値段・特長、サービスの流れ、口コミや評判など、自分が知りたい情報に目が行きませんか?

文字の色や大きさ、バナーが数ミリ違うことで「購入したい。」とか「お問い合わせしたい。」と思うでしょうか。

おそらく、ホームページを見る際に参照するのは、自分に該当するか、知りたい内容かなど、コンテンツの中身のはずです。

こだわりが強すぎるが故に、ホームページの目的や、ホームページで伝えたいことから大きく脱線していないかを考えてみましょう。

見た目ももちろん重要です

確かに、ホームページの見た目が素人っぽい作りや写真だったりすると、ホームページの中身が非常に優れてても購入やお問い合わせを躊躇(ちゅうちょ)することもあるでしょう。

ホームページにはある一定レベルの見た目のクオリティは必要ですが、先述した通り、見る側の立場になって考えることが重要ですので、見た目だけにこだわったホームページはあまり意味を成しません。

こだわるべきはホームページの中身(コンテンツ)です。もっと極端に言うと文章が大切です。写真ばかりを並べても閲覧者には情報が伝わらないからです。

独りよがりのホームページかどうかチェックする効果的な方法

ホームページを第三者にみてもらいましょう!

ターゲット(ホームページを見せたい性別・年代)が20代の女性でしたらターゲットに近い方にホームページをみてもらい、 以下をチェックしてもらうのも効果的です。

何の会社(お店)のホームページかすぐわかるか

商品やサービス内容をしっかり理解できたか

専門や業界用語などわかりにくい点は無かったか

読みにくい文字、色合いなど無かったか

購入(お問い合わせ)してみたいか

など、遠慮のない意見を聞いてホームページの改善に役立てましょう。

閲覧者の声を聞いて、ホームページに活かすことはホームページで効果を出すために重要なステップです。

すべては閲覧者のために

弊社での、ホームページ制作のポリシーは 「すべては閲覧者のために」 です。

これが効果が出るホームページを制作するために必ず押さえるべきポイントだからです。

そのため制作時には「こちらのほうが効果が出やすいですよ」という閲覧者視点で、コンテンツの内容や、配置・導線などをご提案をさせていただいています。

結果として、たくさんの効果が出たという喜びの声をいただくようになりました。
https://amsstudio.jp/hp_agency/

ただ、ごくまれに「自分の思ったままのホームページを作って欲しい」と、画家に"自分の気に入る絵"を描かせるような依頼をされる方がいらっしゃいます。そのような方にいろいろとご提案しても、頑として受け入れてくれないことが多いです。

残念ながら、そのような場合には、閲覧者のことを無視したホームページになってしまうことがほとんどです。

結果、効果が無いとの声をいただくこともあり、閲覧者視点で提案させていただいた担当者としては寂しい気持ちになることもあります。

もし、制作時に迷うことがあれば 「これからやろうとしていることは閲覧者のためだろうかと」自問自答してみてください。きっと答えがでるはずです。
この記事を書いた人
AMSスタッフ

加藤 忠お客様サポート・WEB集客

ホームページを持つことで、あなたのビジネスがもっと飛躍できるためのサポートを心掛けています。

夢は全国のAMSユーザーに会いに行くこと。



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

今日は、[アット・ハートカウンセリング]様をご紹介します。
 
★上級心理カウンセラーがSkypeや電話・メールでカウンセリングいたします。
 
JADP認定上級心理カウンセラー・メンタル心理カウンセラーです。

実社会では 創業100年企業の最年少支店長だった私が、あなたの心の相談相手になります。

就活・転職・恋愛相談・人生相談、他、あまたの相談を承ります。
回数券は、5,000円とお得です!!

サイトはこちら⇒http://freedom-upper.com/
 


アット・ハートカウンセリング600.png


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

今日は、[埼玉県のカウンセリングルーム大空]様をご紹介します。
 
★一人で悩むのではなく、カウンセリングで心を軽くしてみませんか?
 
人は問題が起きると、それだけが原因と思いがちですが、実は物事の本質はもっと深い所にある場合があります。その原因に気づき、向き合う事で辛い感情が変化していきます。 

カウンセラーは心に寄り添い、心の中を客観的に見つめ、整理し、必要な答えを導きだすお手伝いをする役割です。 辛くなる考え方や心についた癖を修正していくと、生きやすくなります。

一人で悩んでいると堂々巡りしてしまう辛い気持ちを、カウンセリングで軽くしませんか?

サイトはこちら⇒http://kiaozora.com/
 


カウンセリングルーム大空600.png


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

こんにちは、AMSサポートセンターの松井です。

AMSのサービスをスタートして約5年。弊社のサービスにご満足いただき、末永くお付き合いいただけるお客様が増えてまいりました。スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。

大切なお客様に少しでも還元できたらと思い、とってもお得な「3年契約」をご提供することとなりました。よろしければ、ご検討いただけると幸いです。

3年契約プランは次のような方にオススメです。

月々のホームページ運用コストを抑えたい

3年間AMSをご利用いただける見通しがある

「3年契約」はとってもお得!

ホームページは、会社がある限り会社の名刺代わりとしても絶対に必要です。
必要経費の削減にもつながります。

3year棒グラフ.png

3年契約プランの「3つのポイント」


【ポイント1】登録手数料が0円

登録手数料などは、一切かかりません。
利用料のみでAMSの【ACEプラン】を、3年間ご利用いただけます。
サーバー代・メール20個もついています。


【ポイント2】年契約の途中からでも3年契約に切替できます

すでに1年契約をご契約中の方でも、翌月より3年契約に切替が可能です。
年契約未使用月分を相殺するので、すでにお支払いいただいた利用料が無駄になりません。
※ご請求金額の差額については、AMSサポートセンターにてお調べいたします。
 お気軽にご相談ください。


【ポイント3】月額換算コストが最大500円もお得

お得な3年契約プランだからと言って、特別な機能制限などはございません。
AMS「月契約・年契約プラン」と全く同じ機能・テンプレート・サービスを全てご利用いただけます。
※月契約3,000円(税別)と3年契約月額換算2,500円(税別)との比較になります。


AMS3年契約プランの料金
ACEプラン(3年契約)一括前払い 90,000円(税別)
※途中解約の場合のご返金は承っておりません。予めご了承願います。
※3年契約は、ACEプランをご利用中のお客様だけの特別ご契約プランです。

選べるお支払い方法
クレジット払い  or  銀行振込
※お手続きが簡単なクレジット払いをオススメしております。
※振込手数料はお客様負担となります。予めご了承ください。

お申し込み方法
AMSサポートセンター 0120-55-4682 メールでのお問い合わせ
※ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

grayline600.png

現在AMSのLEOプランをご利用中のお客様へ


ACEプラン限定の3年契約へこの機会に切替しませんか?

大好評の電話サポート/サーバー容量無制限/メールアドレス20個

リニューアルをお考えなら制作代行サービス(制作代は、別途要)

プランの比較はこちら

LEOプラン年契約】をご利用中の場合は、未使用分をACEプランの利用料に充当いたします。
LEOプラン月契約】のお客様も翌月よりACEプランへと変更していただけます。

アップグレードの方法はコチラ
※ACEプラン(3年契約)へアップグレードされる場合は、AMSサポートセンターまでお問い合わせください。

今後もお客様のビジネスの一助となるサービスを展開してまいります。
ますますパワーアップするAMSにご期待ください。


grayline600.png
今すぐログインして3年契約について、問い合わせをする
grayline600.png

■ 大好評の制作代行サービス 限定50サイト!
プロのデザイナーとWEBコンサルタントが、
高品質で成果のあがるホームページを
作成します。
まだの方は、この機会にぜひご検討ください
もっと詳しく見る >
 



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


ホームページを開設した後に気になるのは「アクセス数」ですよね。せっかく作ったホームページですから多くの人に見てもらってお問い合わせが欲しいと思います。

今回の記事では、アクセス数アップの肝となる「ロングテールSEO」についてご紹介します。
53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s.jpg

ホームページのアクセスを支えているのは意外なキーワード

GoogleやYahooなど検索エンジンからのアクセスは、ホームページを運営するために非常な重要な要素の一つです。そのため、多くのホームページの運営者が検索キーワードの検索順位に一喜一憂しているのが現状です。

しかし、多くの人が見落としているのが「ロングテールキーワード(ニッチキーワード)」です。

ロングテールキーワードとは?

例えば、夏までに痩せたいと思い良いダイエット方法を探していたとします。漠然と「ダイエット」というキーワードで検索したとしても、検索結果にはダイエット全般の情報が表示されるので

「ダイエット 方法 簡単」
「ダイエット 短期間 お腹」

などといった、複数キーワードを入れられる方が多いのではないでしょうか。3語以上などの検索キーワードをロングテールキーワードとかニッチキーワードとも言ったりします。

ロングテールキーワードは無視できないというデータも

ロングテールキーワードは、その性質上、一生に一回しか検索されないワードもあります。検索ワードの64%は一回きりのキーワードだという調査結果もあります。

最近ではスマホの普及により「ダイエットで夏までに痩せるには?」といった質問で検索される方も増えてきており、さらに上昇傾向にあるといえるでしょう。

アクセスの80%は、ロングテールキーワードから生まれるという調査結果もありロングテールキーワードは決して無視できないといえます。

ロングテールSEOは、ホームページの充実がカギ

では、ロングテールキーワードからのアクセスを増やしていくためには、ホームページ運営者はどのようにしていくべきでしょうか?

その答えは、「ホームページのページ数を増やし充実させていくことです。」

極端な例ですが、10ページのホームページと100ページのホームページでは、100ページのホームページのほうが検索で引っかかる可能性があるということですね。

具体的には、制作事例、お客様の声、よくある質問などを日々追加していくことでロングテールキーワードで検索される可能性が高まります。

起業したてで、制作事例やお客様の声がまだ少ない。そういった方はまずはブログをオススメします。ホームページ運営者の人となりを伝えることができますしページを増やす練習にもなります。
AMSのブログページへの変更方法はこちら

とはいえ、どんな情報でもいいわけではない

ページ数を増やすとはいっても、閲覧者にとって役立つコンテンツであることが大前提です。Googleも日々進化していて、中身のないコンテンツは すぐに見抜かれてしまいます。質の低いコンテンツを大量に作っていると逆に検索順位が下がってしまうことも。

コンテンツの質と量を日々追求していく、 これがロングテールSEOのコツです。

検索エンジンは頑張った人をキチンと評価してくれる

検索エンジンの進歩は目覚ましく「全部のページを人間が見て判断しているのでは?」と思ってしまうほどです。閲覧者にとって役に立つホームページを検索エンジンはアクセスアップという形で必ず評価してくれます。これは100万円かけて作ったホームページも10万円かけて作ったホームページも条件は全く同じです。

「閲覧者のためになる情報が掲載されているホームページ」である事が、結果的には検索エンジンからの評価につながりますので、画面の向こうの閲覧者のことを考えて、良質なコンテンツを追加していく事をオススメします。
この記事を書いた人
AMSスタッフ

加藤 忠お客様サポート・WEB集客

ホームページを持つことで、あなたのビジネスがもっと飛躍できるためのサポートを心掛けています。

夢は全国のAMSユーザーに会いに行くこと。



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

今日は、[東京都阿佐ヶ谷区のS.Gインターナショナル]様をご紹介します。
 
★お客様と共にモノ作り〜バッグ生産のプロがバッグ製作を完全サポート
 
ハンドバッグ、皮革製品の製作、OEM生産、自社製品の販売を行っています。

経験豊富なスタッフが、サンプル作成から製品生産、貿易業務などすべてをサポートいたします。

バッグ製作、生産に関して何でもお気軽にご相談ください。

サイトはこちら⇒http://sginternational.jp/
 


S.G.インターナショナル600.png


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


ホームページに何を追加していけばよいかと迷ったとき時のヒントになればとお問い合わせアップに繋がるページについてまとめました。

ぜひ、保存版にしていただき参考にしていただければ、幸いです。

お客様の声を積極的に集めましょう

実際にサービスを利用された方や商品を購入された方に利用した感想をいただきましょう。

新しい商品やサービスを利用するときに、年齢や性別など同じような環境の方の声を参考にしたというご経験ありませんか?

お客様の本当の声を聞き、ご自分のサービスに生かすこともできますし、お喜びの声をいただいた場合には、許可を得た上でホームページに掲載することで、 信用度や反応率は飛躍的にあがります。

制作代行をご利用の際、既にお客様の声ページを作った方でもお客様の声はあればあるほど効果があると言われていますのでどんどん追加していきましょう。

また、求人が目的のホームページの場合は、従業員の声のページもオススメです。どんな人たちが、どんな想いで働いているかを応募を検討している人にしっかりPRして、応募率アップにつなげましょう。

事例・実績を見せられる業種であれば、たくさん掲載しましょう

例えばリフォームの会社の場合、「うちはどの会社よりも綺麗なリフォームをしますよ」と書くよりも、実際のリフォーム前と後の写真を見せたほうが説得力があります。

要するに"百聞は一見にしかず"です。

参考)AMSホームページ制作代行の事例
http://amsstudio.jp/production/hpagency_samplesite.html

実績・事例も非常に重要なコンテンツです。

よくある質問を増やしていきましょう

よくお問い合わせいただく内容は、回答と共にページにしてみましょう。

よくある質問コンテンツ(FAQ)は、非常に閲覧されるオススメコンテンツだからです。 お問い合わせをいただいた際、毎回同じことを答えなくて済むので業務効率の向上にも役立ちます。

また、同じ質問が多い場合は、サービスや商品紹介をきっちり行えていない可能性も。

閲覧者目線でコンテンツを見直してみて、説明が足りないところはないか今一度見直してみましょう。

ブログを随時更新していきましょう

ブログの内容は、できるだけ自分のビジネスに関わる記事がオススメです。

「お客様の悩みをこうやって解消した!」とか「知ってて得する豆知識」など、 閲覧者が「自分の悩みと同じ!」と共感したり、「とってもためになる」と、 感心したりするような記事が特にオススメです。

自社製品やサービスのことを徹底的に紹介するのもいいですね。「当たり前のことだし、あえて書かなくても」という情報でも実は、お客様にとっては非常に役立つ情報だったりすることも。

情報量が多いことで、検索にも引っかかりやすくもなります。出し惜しみをせず、どんどん出していきましょう。

Googleなどの検索エンジンは、閲覧者に役立つ情報を提供して、定期的に更新されているサイトを上位表示する傾向があります。

やみくもにページを増やすのではなく、閲覧者が必要とする情報を誠実に地道に増やしていく、すなわち質の高いコンテンツを増やしていくことが求められる時代です。

それが検索エンジンでの上位表示やホームページからのお問い合わせなどにつながっていきます。ぜひ閲覧者の立場にたって、役立つ情報を日々追加、更新していただければ幸いです。

ライバルサイトを見てみましょう

自分が上位表示させたいキーワードを実際に検索して上位に表示されているライバルサイトを実際に見てみましょう。

検索ワードは、手始めに【地域名+業種名】がオススメです。

お客さん目線で見てみて「良いな」と思った記事や「分かりにくい」と思ったことをメモしておき自分のサイトに反映させましょう。

オーナー様やスタッフのプロフィール情報は重要です

実際の店舗であれば、お客様と直接顔をあわせて、コミュニケーションを取ることで信頼感を得て、購入やお申込みにいたります。

それでは顔を合わすことの無いホームページではどうやって信頼を得ることができるのでしょうか?

このサービスを対応してくれる人はどんな人たちなのか?

どんな経歴がある方が、対応してくれるのか?

閲覧者に安心感と信頼感を与えるとても大切な情報です。

写真を掲載したくないと言う方もいらっしゃいますが、掲載したほうが反応率があがる傾向があります。 あなたが利用者だったらどうですか?顔が出ているホームページのほうが安心できますよね。

どんなページを作るのか?答えは検索で探しましょう

上記のページを作ろうと思ってもすぐにイメージのわかない方もいらっしゃると思います。そんな時は、検索で参考のサイトを見つけることが一番です。

例えば、運送会社の方が、「お客様の声のページを作ろう!」と思った場合、【運送会社 お客様の声】などで検索してみましょう。きっと、参考になるいいページが見つかるはずです。

イメージが固まったら、早速ページを作っていきましょう!

「サービスメニューのページの追加方法」はこちら

http://amsstudio.jp/manual/common/servicemenu.html

「ブログ機能」の設定と記事編集方法はこちら

http://amsstudio.jp/manual/edit/blog.html

「記事の追加方法」はこちら

http://amsstudio.jp/manual/edit/kiji_add.html

「SEO設定の方法」はこちら

※ページの追加をしたら忘れずにしてください。検索結果に作ったページを表示させるためにとても重要なことです。
http://amsstudio.jp/manual/various_setup/seo.html


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

1  2  3  4  5







【0120-55-4682】平日9:00~18:00 /土曜10:00~17:00

平日9:00〜18:00/土曜10:00〜17:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ
はじめてのAMS

月別アーカイブ