簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

AMSニュース

簡単ホームページ作成ツール「AMS」の便利な使い方や新機能などを随時お知らせ

声.jpg

ホームページを立ち上げたのに、成果がないという声を聞きます。そういったホームページには特徴がいくつかあります。今回はその中でも特に重要な「お客様の声」について紹介します。


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

SEO対策.jpg

ホームページを運営していると必ず耳にする「SEO対策」という言葉。この言葉もはや過去の遺物になっています。今の時代に真に考えるべきことは何なのか?考察してみたいと思います。


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


顔の見えない男性.jpg

ホームページ制作の時によくいただく相談が、「ホームページには顔写真を掲載したくない」というものです。恥ずかしいですし、ネット上に顔を晒すのが怖いと言われる方もおられます。

閲覧者の気持ちになってみましょう


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


注文を受ける女性.jpg

「ホームページさえ立ち上げれば、あとは勝手にお問い合わせや注文がどしどし入ってくる」と思っていらっしゃる方はぜひお読みください。


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

ホームページを作成する時、一番最初にすることがドメインの取得です。
ここでは、ドメインを決める際の3つのポイントをお伝えしますので、ご参考になれば幸いです。

ポイント1.なるべく短く、覚えやすい物にする


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

英語格言.jpg

ホームページのメニューに英語を使いたいという方、よくいらっしゃいます。「カッコいいから」とか「オシャレだから」というのが主な理由です。

英語の方が確かにカッコいいし、オシャレですよね!

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

PCをする女性.jpg
ホームページは誰のために存在しているのでしょうか。
間違いなくホームページを見る側の人(閲覧者)のためですよね。

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


提案女性.jpg
閲覧者はたくさんのホームページを比較して、一番いいお店を選びます。
比較されることが前提で、他社(他店)との違いや強みを打ち出さないとただ、比較されるだけで終わってしまいます。

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

ホームページを開設した後に気になるのは「アクセス数」ですよね。せっかく作ったホームページですから多くの人に見てもらってお問い合わせが欲しいと思います。

今回の記事では、アクセス数アップの肝となる「ロングテールSEO」についてご紹介します。

ロングテールSEO

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

ホームページに何を追加していけばよいかと迷ったとき時のヒントになればとお問い合わせアップに繋がるページについてまとめました。

ぜひ、保存版にしていただき参考にしていただければ、幸いです。

お客様の声を積極的に集めましょう


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


制作代行シートに何を書いたらいいかわからない……
そんな時にこの記事がお役に立てると思います。

チラシやパンフレットがあったら、送っていただけませんか?


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

スタート男性.jpg
ホームページ完成後も、記事の更新やページを追加していくことは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)からの評価アップのために非常に重要です。

もし、あなたが検索エンジンだったとします。

A. 10年前に開設したが、それ以降全く更新せず、ページ数が少ないホームページ

B. 日々情報を更新していて、たくさんの有益な情報が詰まっているホームページ

同じジャンルのホームページだとすれば、どちらを検索結果の上位に表示させたいですか?

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

こんにちは!AMSサポートセンターの松井です。

最近、それほどお腹が空いていないのに、お腹がよく鳴ります。
なんとかしてこの音を止める方法はないものか?と、早速調べてみました。

1) 腹式呼吸をする 2)背筋をピンと伸ばす 3)甘いものを少しだけ食べる

などが効果的とのことでした。早速試してみようと思います。

今回のようにネットでお悩みを解決策を検索している方は、非常に多いです。

お客様のお悩みに答える記事を書くことで、あなたのホームページにたどり着いてくれる人が
増えるかもしれませんね。

ホームページの目的は?

ホームページとあわせてブログを活用されている方は、結構多いのではないでしょうか。

AMSのブログ機能を利用せずに他社ブログを利用されている方がいらっしゃいますが、
非常にもったいないと感じることがあります。

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


「Googleアナリティクス」とは、検索サービスの最大手、グーグル社が提供している無料のアクセス解析ツールです。無料とはいえ、専門用語も多くどこを見ればよいのか困ってしまい、活用できない方が多数いらっしゃいます。

ホームページを運営する上で、ホームページがどれくらいの人に、どんな風に見られているのかを知ることは、とても重要です。

難しいことは抜きにして、まずはログインして、最低限の情報を見ることから始めましょう。自分のホームページがどれくらい見られているか知るだけでも、結構楽しいものですよ。

①「Googleアナリティクス」にログインしてください。
http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

※アナリティクスを使用するには事前の準備が必要です。初めての方は、こちらをご覧ください。

anaログイン.png


②ログインするとホーム画面が表示されます。ビュー(見たいホームページ)をクリックし、ユーザーサマリーの画面へ移動します。

アナリティクスホーム600.png


ユーザーサマリーの画面が表示されると、折れ線グラフや円グラフを見ることができます。ここまで辿りつければ、ホームページの現状を知ることができます。

③画面の右上で期間を指定します。基本的には、過去1ヶ月くらいの動向を眺めることをオススメします。


ユーザーサマリー600.png
 

Analytics(アナリティクス)が嫌いにならないための用語の説明

アナリティクスの画面を初めて見た時に感じるのは、『凄そう!いろいろわかりそう!』と、思うのですが、用語を一つひとつ見ていくと、意味がわからなくて、苦手意識を感じる方が多いと思います。

今回は、最低限覚えておいてほしい用語を3つだけ説明します。

ユーザーサマリー用語600.png

Googleアナリティクスでは、期間を指定してデータを表示することができます。

1日だけを指定すれば、1日分のデータ。
過去3ヶ月を指定すれば、3ヶ月分のデータが表示されます。
最初は、過去1ヶ月ぐらいを見ていくことをオススメします。

まず初めに、皆さんが聞き覚えのあるアクセス数という言葉は、アナリティクスでは使用されていません。
【セッション】【ユーザー】【ページビュー数】という3つの用語を覚えましょう。

1.セッション

訪問数になります。延べ何回ホームページを訪問されたかを示す数です。

あなたのホームページに【A】さんがやってきたら、セッションは【1】

【A】さんが、あなたのホームページのいろんなページを見ても、セッションは【1】のままです。1ページだけみて、他のホームページに行っても、セッションは【1】です。

補足となりますが、セッションは、ホームページで30分以上行動しないと、新しいセッションとしてカウントされます。

例1:【A】さんが【30分以内】に、あなたのホームページに戻ってきた場合は、セッションは【1】のままです。

例2:【A】さんが【30分をすぎて】、あなたのホームページに戻ってきた場合は、セッションは【2】になります。

同じ人があなたのホームページを30分以上空けて、何度も訪問してくれれば、セッション数はどんどん増えていくということになります。

その他にも、日付が変わるとセッションがカウントしなおされる、など細かなルールはありますが、まずはセッション=訪問数と覚えてください。
 

2.ユーザー

サイトに訪問してくれた人の数になります。
当然、セッション数よりもユーザー数は少なくなります。

【A】さんが、何度訪問してくれても、ユーザー数は増えません。

【B】さんが、訪問してくれて、初めてユーザー数は【2】になります。

補足として、同じ人が、異なる端末や異なるブラウザ(ChromeやExplorer)からホームページを見た場合、別のユーザーとしてカウントされます。

例:【A】さんが、1回目は会社のパソコンから見て、2回目は自宅のパソコンからホームページを見た場合は、ユーザー数は【2】となります。同じパソコンでも、違うブラウザからホームページを見れば、ユーザー数は増えます。

3.ページビュー数

訪問してくれた人が見たページの数です。

【A】さんが、あなたのホームページを5ページ見てくれたら、ページビュー数は【5】

【B】さんが、あなたのホームページを2ページ見てくれたら、ページビュー数は【5+2=7】になります。

あなたのホームページを訪れた人全員が、1ページしか見てくれないならば、セッション数=ページビュー数になりますが、2、3ページ以上見てくれる人もいると思うので、セッション数よりもページビュー数の方が、基本的には多くなります。

今までの用語を整理すると、以下のようになります。
 

    ユーザー ≦ セッション ≦ ページビュー数

この3つの中で、どの数字が重要なのか?ということは、分析の目的により異なります。
例えば、新しい訪問者を増やすことが目的のページであれば、ユーザー数を見ていく必要があります。
初心者の場合は、セッション数を一つの目安としてみてはいかがでしょうか?
 

初めてのアナリティクスは、いかがでしたでしょうか?


アナリティクスを使い始めると、その数字だけにこだわってしまう方がいますが、 アナリティクスは、現状や結果を知るための道具であり、数字を見れるだけでは、ホームページ運営の成功にはつながりません。

本当の意味で、ホームページを分析するためには、勉強が必要ですが、 ホームページ運営の第一歩として、まずは自分のホームページの状況を知り、どう改善していくかのご参考になれば幸いです。
 

最後に

「ホームページを立ち上げたけれど、お問い合わせが増えない」というお声をよくお聞きします。

ホームページは更新されてますか?とお聞きすると、みなさん一様にこう答えます。

「何もしてないけど、ホームページがあれば、お問い合わせがくるんじゃないの?」

残念ながら、ホームページは魔法のツールではありません。ひたすら訪問者を待ち続けていても、誰もその存在に気づいてくれることはありません。


お店でも会社でも、ひたすら待ち続けていてもお客様は来ませんよね? 名刺を配ったり、営業をしたり、広告やイベントをしながら、地道に認知度をあげていかないとお客様はやってきません。

ホームページも通常のビジネスと同じなんです。

より多くの方にホームページを見てもらい、みなさんのビジネスを知ってもらうためには、 パソコンやスマホの向こう側にいるお客様へ商品やサービスを地道にPRし続ける事が大切です。

ページや記事を追加し、アナリティクスで結果を見て現状を把握し、 再び記事の修正や追加を行い、現状を把握する。 繰り返し続けていくことで、少しずつ訪問者が増えていき、 その内の何割かが最終的にお問い合わせやお申し込みにつながります。
 

    ①訪問者が欲しい答えがあるページを増やしていくこと

    ②ホームページに来てくれた人がお問い合わせやお申し込みをしやすいように、ホームページの中身が整理されていること

    ③事例やお客様の声などの記事を増やして、誠実にあなたのビジネスの信用をあげていくこと

上記のことを常に意識しながら、一人の社員を育てるつもりで、あなたのホームページも大切に見守り大きく育てていってください。

サイト運営に役立つコンテンツ

ホームページに絶対に追加したい、お問い合わせアップに繋がるページとは?
ホームページ
からのお問い合わせを増やす7つの方法

こちらを実践しながら、アナリティクスで結果を確認してみてくださいね。

 


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

こんにちは!AMSサポートセンターの松井です。
先日、うちのトイレが詰まってしまいました。普段起こらないトラブル。
近所の業者さんのホームページを何社か検索して、依頼先を決めました。
 
依頼先選定の決め手となったのは24時間対応と水道局工事指定店かどうかでした。
急ぎでの対応はもちろんですが、自宅に来てもらうので、信頼ある企業かどうかを重視しました。
 
結局は、電話前に何とか詰まりは取れたので業者さんに依頼することは無かったのですが^^;
この体験を通じて、ホームページは比較されるものなんだなと思ったと同時に、他社との違いや、自社が選ばれる理由をわかりやすく記載することは重要なんだなと改めて思いました。

ホームページの目的は?

 
ホームページを持つにあたっては、何か目的があって構築されたのではと思います。
 
AMSのお客様に共通する目的の一つが
 
「お問い合わせが欲しい」
 
というものです。
 
もしあなたのホームページがお問い合わせ目的のホームページだった場合、目的を達成できていますか?
 

ホームページのお問い合わせ数を増やす7つの方法

 
あなたのホームページは大丈夫?チェックしてみてください。
 

①トップページで信頼感を与え、自社の強みや他社との違いをパッと分かるように配置しているか

実績数や代表者の顔写真で、信頼感を。自社の強みは、選ばれる理由ともなります。
 

②ターゲットとなる閲覧者にとって読みやすい内容になっているか

専門用語を多用していて、わかりにくいページはNGです。誰が見ても理解できるようなわかりやすさを意識しましょう。
 

③ターゲットとなる閲覧者が検索するであろうキーワードが、タイトルタグ(SEO設定)にきちんと入っているか

タイトルタグの設定は、検索結果の表示順位に関係があります。サイト名だけは絶対にNGです。
 

④トップページから各ページへの導線がきっちり張られていて、行き止まりになっているところはないか

たとえば、コースの案内から料金表のページへの導線がないのはNGです。閲覧者に苦労をさせないようにしましょう。
 

⑤各コンテンツからお問い合わせしやすい導線になっているか

トップバナーに電話番号を配置したりやページ下にお問い合わせバナーを設置するなど、お問い合わせのチャンスは、絶対に逃さないようにしましょう。
 

⑥お問い合わせしやすいフォームになっているか

必須項目を最小限に絞り、入力エラーをすぐに知らせたり、安心してお問い合わせできるようなコメントもとても重要です。
 

⑦電話される方もいるので、全ページで電話番号が目立つ位置に配置されているか

フォームを入力するのが、面倒くさいと思う方も。お問い合わせの手段は、多い方が効果的です。
また、フォームの入力途中に諦める方もいるので、フォームに電話番号を目立つ位置に配置するのもお問い合わせ数を増やす方法です。
 
 
①~⑦のポイントを押さえたら、ターゲットに近い方にホームページをみていただき
 

問い合わせをしたいかどうか

読みにくい点はないか

フォームからお問い合わせしやすいかどうか

 
などを聞いてみるのもホームページ改善に大きく役立つ方法です。

効果が出たと喜びの声が続々!ホームページ初期制作代行サービス

 
これらを踏まえた、ホームページ初期制作代行サービスが大好評です。
 
プロがお問い合わせに繋がりやすいホームページをご提案し、構築いたします。
 
また、納品前に経験豊富なWebコンサルタントが、閲覧者視点で内部チェックも行っていることも他の制作代行サービスとの大きな違いです。
 
もちろんホームページのお問い合わせ数を増やす方法の①~⑦を踏まえた構成となっています。
 

効果が出たという喜びの声をたくさんいただいています!

 
実際にホームページ初期制作代行サービスを利用されて、効果が出たという声をいくつかご紹介いたします。
 

Selffish - セルフィッシュ 様

 
これまで数社の制作会社にHPを作っていただき、中にはHPを閉鎖してから3年間リース料だけを支払い続けるなどいろいろ経験しました。正直HP制作会社なんて依頼者がHPにどのような期待を込めているのか、なぜ制作会社を頼っているのかなどあまり真剣に考えていないと思っていましたが、ここはすべてにおいて違いました。他愛もない質問・要望でも馬鹿にせず真剣に考えて、置かれている状況の中で最良の方法で実現してくれました。何と言っても驚いたのは、アップした日に問い合わせ・注文が4件来たことです。今までのは何だったのだろう?今後もよろしくお願いいたします。
 

GARDEN CLOVER 968 - ガーデンクローバー  様

 
立ち上げて数か月で新規のお客様から依頼をいただく事が出来ました。驚きました!!これもAMS様のおかげです。ホームページの効果を身をもって体験できました。本当に嬉しいです。そして、ホームページがあると当社のアピールもできます。名刺交換だけでなく当社のホームページを見ただけで仕事内容を理解していただけるメリットがあると思います。友人・知り合いから、とても見やすいおしゃれなホームページだね!!と、よく褒められます。スマホ版までセットというのは、なかなかないと思います。そしてなんと言っても助かっているのは電話でのサポート対応です。ド素人の私にいつも優しく丁寧に教えてくれます。本当にありがたいです!!今後も施工事例などを増やしていきたいので、サポートでお世話になりますが、宜しくお願いいたします。

(運営4か月後にいただいた声)
お問い合わせも多く、急に訪れる人がいるため「まずはお電話でお問い合わせください」と追記するくらいです。嬉しい悲鳴です!ホームページを見てくれる人の評判もとても良いです。

現在お持ちのホームページでも、ホームページ初期制作代行サービスを利用できる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。ご相談は無料です。

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

「Googleマイビジネス」とは、検索サービスの最大手、グーグル社が開始した無料の集客サービスで、実店舗のある企業向けの店舗情報サービス「Googleマップ(Googleプレイス)」とSNSサービスの「Google+ページ」を連携させたものです。

その中でも、「Googleマップ」への掲載は、とても有効な集客手段の一つとなっています。「Googleマップ」掲載への最初のステップとして「Googleマイビジネス」に登録しましょう。

mybusinesslogin.png

はじめていく場所(お店)には、Googleマップが大活躍!

はじめての土地に出張に行かれる際、宿泊するホテルや、お客様先を、事前に地図を印刷してその地図を使って移動したご経験ありませんでしたか?

pc_smh.png

筆者は、現在位置がわからなかったり、正確な目的地がわからずなかなかたどり着けずに苦労した経験も。今では、スマホでGoogleマップを開いて、カーナビ感覚で、行きたい場所や店舗(会社)名を入れるだけ。本当に便利な時代になりました。

来店(来社)する際に、スマホ+Googleマップを使うことが非常に多くなってきたこのご時世、あなたのお店(会社)はGoogleマップで検索して出てきますか?

pinname.png

また、検索結果に出てきても、実際の位置と違ったりしませんか?
検索結果に出てこなかったり、違う場所が表示されていることでもしかしたら来店のチャンスを逃しているかも。

博報堂さんの調査によれば、2014年2月時点でスマートフォンユーザは約60%。10・20代では80%超えというデータも。日々増え続けるスマートフォンユーザへの対応を真剣に考えなくていけない時代になってきました。
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/16784

Googleマップに店名、社名を表示させるにはどうするの?

Googleマップに表示させたい場合は、お店(会社)の情報を登録無料のGoogleマイビジネス(旧:Googleプレイス)に登録すればOKです。
https://www.google.com/intl/ja/business/

飲食店などじゃなくても取引先様や、営業担当者様など、登録してあることでスムーズに来社でき、喜ばれることも。個人的にも、Googleマップで検索しても出てこなくて訪問に苦労した経験、結構あります。(住所を入れてもたどり着けずに迷うことあるんですよね)来訪される方が多いのなら、Googleマイビジネスには是非登録しておきたいところ。

もう一つ、Googleマイビジネスの登録で期待できることがあります。それは「お持ちのホームページのSEO的なメリット」です。

Googleマイビジネスに登録して検索順位アップ?

sakayamap2.png

"酒屋"とGoogleで検索してみてください。お近くの酒屋さんが上位に表示されませんでしたか?

2015年1月に導入された、ベニス(ヴェニス)アップデート後、一部キーワードでは検索している地域付近のホームページを上位表示させるようになりました。

たとえば、"エステ"や"美容院"も地域を加味したキーワードの対象になっています。あなたのホームページも、"エステ"や"美容院"などの単体ワードで、上位表示されているかもしれません。

では、ホームページの実店舗(会社)の所在地(地域)をどうやって判別しているのでしょうか。実は、その一つの要素としてGoogleマイビジネスの登録といわれています。すなわち、Googleマイビジネスに登録することで検索順位にいい影響を与えることも。

そのためには、いくつかコツがあるのでご紹介します。

Googleマイビジネスを活用するために最低限やっておきたい3つのこと

①ホームページのページタイトルへ地域名の記載

ホームページのページタイトルに地域名を入れるとその地域にあるビジネスだと認識されやすくなります。また、地域名+キーワードで上位表示させるのにも役立ちます。地域に根差したビジネスであれば是非対応しておきたいところです。
参考)SEO専門家が監修!ページタイトルの付け方

②Googleマイビジネスに自社ホームページの登録

今回ご紹介している、Googleマイビジネスに登録し自社のホームページ情報を登録しておくと、Google検索やGoogleマップ経由からも自社ホームページに誘導できるようになる、集客面でのメリットもあります。あわせて、営業時間、サービス内容、カテゴリーなども可能な限り記載しておくことをオススメいたします。

③Googleマイビジネスの住所とホームページに記載されている住所の統一

Googleマイビジネスには○○市○○町1-2-3と登録してあるのに、ホームページの会社概要に○○市○○町1丁目2番3号なっている場合、すなわち、全角半角やフォーマットが違ったりすると、同一の場所とは認識されずにマイナスになるという噂も。住所の表記は可能な限り合わせておきたいところです。

またホームページのアクセスマップにGoogleマップを使われている場合は、住所ではなくて、Googleマイビジネスで登録した自社情報を掲載するほうがプラスになるといわれています。

pinサンプル.png

①②③を実施することで、地域名+キーワードでGoogle検索した場合、地図と共に検索結果が表示されることがありますが、地図での上位表示にもプラスになるともいわれています。(MEOともローカルSEOともいわれることも)是非実施しておきたいところです。

Googleマイビジネスの登録方法は?

外部サイトとなりますが、こちらに詳しく解説しておりますので参考にしてください。
http://bazubu.com/wp-google-mybusiness-24014.html

プロにきっちりおまかせプランをご利用された方限定!
Googleマイビジネス登録代行サービス

ご利用された方は、ぜひお問い合わせください。
プロにきっちりおまかせプラン限定!Googleマイビジネス登録代行についてはこちら

この機会にプロにきっちりおまかせプランをご検討される方は下記をご確認ください。
プロにきっちりおまかせプランについてはこちら 


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

モバイル フレンドリー テスト600.png

あなたのホームページはスマートフォン対応済みですか?
 
既にご存知の方も多いと思いますが、2015年4月21日から、
「ホームページがスマートフォン対応をしているかどうかで
モバイル検索順位に影響がある」というGoogle社からのアナウンスがありました。
 

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

こんにちは、AMS運営サポートの加藤です。

「鬼は~そと~」「福は~うち~」
今年も鬼役で子供たちに豆を投げられました。
昔は鬼の面を怖がっていた子供達も今では容赦なく豆を投げてきます。
子供の成長に鬼の面の下で目を細めていました。

 
さて、今回のWEBテクニックは
 
『記事内にテーブルを使って画像を貼る』方法です。
 
これを使いこなすと・・・、見やすく、わかりやすい記事を作ることができます。
例えば、本文の途中に画像を入れてみたり、縦やナナメの好きな位置に
画像を
レイアウトすることができます。
 
ぜひ、このテクニックで訪問者をワクワクさせるページを作ってください。

grayline600.png

記事内にテーブルを使って画像を貼りつける方法

 nekoma2.png

記事内に画像を貼りつける方法はコチラ

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

あけましておめでとうございます。
本年もAMSをよろしくお願い致します。

今年よりメルマガの担当となりました、AMS運営サポートの加藤と申します。
7歳と5歳の子育てに奮闘中の31歳です。

皆様のビジネスにAMSを活用していただけるように
お役立ち情報をお届けしていきますのでよろしくお願いいたします。

 
新年一発目のWEBテクニックは、『サイトにカレンダーを設置する方法』です。

お店の定休日やイベントの予定をお客様にお知らせすることができるので
ぜひ、お試しください。
grayline600.png

お店のイベント情報や定休日をお客様にお知らせしよう!

sinnen4.png

簡単カレンダー作成方法はコチラ


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

こんにちは、AMS運営サポートの松井です。

もう12月ですね!!皆様、クリスマス・年末年始に向けて、
お忙しい日々を送られていることと思います。

25時間ホームページのことだけを考えて生活している松井とは違い、
とても忙しい皆様に、少しでも楽してAMSのお役立ち情報を知っていただきたくて、
不定期ではありますが、AMSで使える簡単なWEBテクニックをご紹介してまいります。

コーヒーなど飲みながら、お読み頂ければ、幸いです。


grayline600.png

日本語AMSサイトを簡単に英語サイトに!

translatetool.png

Google社の「ウェブサイト翻訳ツール」をAMSで使ってみよう!

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

【0120-55-4682】平日9:00~18:00 /土曜10:00~17:00

平日9:00〜18:00/土曜10:00〜17:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ
はじめてのAMS

月別アーカイブ