簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

プランに迷ったら、お気軽にご相談ください 0120-55-4682

サイト内検索

【新】Gmailアカウントへの追加 : AMSメールアカウントの設定方法


1.Gmailにログインします。
 ⇒https://accounts.google.com/ServiceLogin?service=mail

--------------------------------------------------
2.画面 右上にある「歯車マーク」>「設定」の順にクリックします。

gmail2.png

--------------------------------------------------
3.「アカウントとインポート」>「メール アカウントを追加する」の順にクリックします。

gmail3.png

--------------------------------------------------
4.メールアドレスを入力し、「次のステップ」をクリックします。

new_gmail4.png

--------------------------------------------------
5.各項目を設定し、ページ下部の「アカウントを追加」をクリックします。

【エラーとなり、「アカウントを追加」がクリックできない場合は下記をご確認ください】
ユーザー名には、メールアドレスが入力されていますか?
パスワードは、コピー&ペーストで入力されていますか?

new_gmail5.png

 
①ユーザー名  メールアドレスを入力する
②パスワード パスワードを入力する
③POPサーバー mail.【ドメイン】
例)ドメインが「amsstudio.jp」の場合⇒ mail.amsstudio.jp を入力する
④ポート 110
⑤取得したメッセージの
 コピーをサーバーに残す
※Gmail以外でもメールを受信する場合は、チェック「レ」を入れる
⑥メールの取得にセキュリティで
 保護された接続(SSL)を使用する
空白(チェック「レ」を入れない)

--------------------------------------------------
6.「はい。【メールアカウント】としてメールを送信できるようにします。」を選択し、
 「次のステップ」をクリックします。

gmail6d.png

--------------------------------------------------
7.任意の名前を入力し、「次のステップ」をクリックします。

※②「エイリアスとして扱います」については、「詳細」をクリックし、
 内容をご確認いただき、設定をお願いいたします。
 (チェックを外して、設定されることをおすすめいたします。)

gmail7d.PNG



--------------------------------------------------
8.各項目を設定し、「アカウントを追加」をクリックします。

【エラーとなり、「アカウントを追加」がクリックできない場合は下記をご確認ください】
SMTPサーバーには、「mail.【ドメイン】」が入力されていますか?
ユーザー名には、メールアドレスが入力されていますか?
パスワードは、コピー&ペーストで入力されていますか?

new_gmail8.png

①SMTPサーバー mail.【ドメイン】
※自動で入力される「smtp.【ドメイン】」を修正する
②ポート 587
③ユーザー名 メールアドレスを入力する
④パスワード パスワードを入力する
⑤TLSを使用したセキュリティで
 保護された接続(推奨)
選択する

--------------------------------------------------
9.確認メールのリンクをクリック、または、
 メールに記載されている「確認コード」をコピーして貼りつけます。

gmail11d.png

--------------------------------------------------
10.「アカウントとインポート」にメールアドレスが追加されていれば完了となります。
※赤枠の送信設定のご確認をおすすめします。

gmail12d.png
--------------------------------------------------

Facebookにもご参加下さい

AMSの最新機能の他にもSEOや集客に関するノウハウなど最新のWebマーケティング情報を配信中です。
いいね!を押すだけで参加出来ます。




AMSニュースの購読はTwitterが便利です

AMSニュースの更新情報はTwitterでお届けします。