簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

内部リンクを活用するための7つの法則

内部リンクとは?
コンテンツ(記事)内のキーワードから、サイト内へリンクを張る事です。

内部リンク例)
簡単ホームページAMSのお申し込みはこちら

内部リンクには、サイトを訪問された方が迷子にならないようにする、
目的の情報への導線としての役割もありますが、
Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンに対して、アピールする効果もありますので、
内部リンクを上手に活用しましょう。



■内部リンクを活用するための法則 その1

アンカーテキストにはリンク先を説明するキーワードを含めましょう。

アンカーテキストとはリンクが貼られたテキストのことです。

上記の内部リンク例では、
アンカーテキストは「簡単ホームページAMSのお申し込みはこちら」となります。

アンカーテキストには、リンク先のページがどのような内容のページなのかを
検索エンジンに伝える働きがあります。

そのために
簡単ホームページAMSのお申し込みはこちら

であれば、検索エンジンは
上記のリンク先は「簡単ホームページAMSのお申し込み」についてのページだと
解釈しますが

簡単ホームページAMSのお申し込みはこちら

だと、リンク先は「こちら」についてのページだと
解釈してしまう可能性もあります。

また、関連性のないテキストリンクは、『見込み客』の信頼を失う事にも繋がります。

テキストリンクには、リンク先のキーワードを含めて
ある程度ページの内容が想像できるものにしましょう。


■内部リンクを活用するための法則 その2

【HOME】へ戻るリンクを作成しましょう。

キーワードを含めたテキストリンクで、サイト内の各ページから”【HOME】へ戻る”の
リンクを貼りましょう。

各ページからのキーワードを含むリンクで、検索エンジンから評価を得やすくなりますので、
【キーワードやサイト名+HOMEへ戻る】を作成しましょう。

例)
簡単ホームページAMSのノウハウ【HOME】へ戻る


■内部リンクを活用するための法則 その3

新しく作成したページや、重要なページにはトップページからリンクを貼りましょう。

サイトのトップページは、検索エンジンが最も頻繁にチェックに来る可能性が高く
サイト内で最も高く評価される傾向があります。

新しいページや重要なページにはトップページからリンクを張る事で、
早めに、検索エンジンに覚えてもらえる可能性が高くなります。


■内部リンクを活用するための法則 その4

関連記事(同じテーマを扱っているページ)同士にもリンクを貼りましょう。

検索エンジンは、同じテーマのページからのリンクを重要視する傾向が見られます。

関連記事(同じテーマを扱っているページ)同士、キーワードを含めたテキストリンクを張る事で
お互いのページの評価アップに繋げましょう。

また、外部リンクとはなりますが同じジャンルのサイト同士のリンクも効果的です。


■内部リンクを活用するための法則 その5

本当に紹介したいページにだけ、リンクを張るようにしましょう。

ページ内のテキストリンク数が増えるほど、
サイトを訪問された方にとって、迷う原因となり親切ではありません。
あまりに不自然な内部リンクだと検索エンジンの評価が下がる傾向も。

多くても1記事内で10程度にしましょう。


■内部リンクを活用するための法則 その6

リンク切れは、無くしましょう。

サイト内にリンク切れがあると、検索エンジンにも嫌われ、
サイトを訪問された方からの信頼も失ってしまいかねません。

内部リンク・外部リンクを問わず、リンク切れは極力無くしましょう。


■内部リンクを活用するための法則 その7

サイトを訪問してくれた人の目線でチェックしましょう。

どんなに頑張ってSEO対策して検索エンジンに評価されても、
サイトを訪問してくれた人に見てもらえなければ、意味がありません。

最後の仕上げに、キーワードで検索してサイトを訪問した人の気持ちになって、
欲しい情報へ簡単にたどり着ける導線になっているかをチェックしましょう。


常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】平日9:00~18:00 /土曜10:00~17:00

平日9:00〜18:00/土曜10:00〜17:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ