簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

ご予約・お問合わせのチャンスロスを防ぐ、3つのポイント


サイトのアクセス数は、順調に伸びているにも関わらず、
お問合わせが来ない・・・と、お困りではありませんか?

あなたのサイトでは、
見込み客を知らず知らずのうちに逃しているのかも。

ご予約・お問い合わせ率アップのために、
必ず押さえておきたい3つのポイントをまとめました。

早速チェックしてみましよう。

grayline500.png

閲覧者が「お問合わせ」のアクションを起こそうと思った時に、
サイト内のお問合わせフォームなど、連絡先が簡単に見つけられるようにする事が、
一番重要なポイントとなってきます。

電話やメール、お問合わせフォームで申し込みを受けられる場合には、
ファーストビューで見える範囲画面をスクロールした際に見える範囲に、
連絡先の表示やお問合わせフォームへの導線の追加をオススメします。


【ワンポイントアドバイスgood
チャンスロスを防ぐため、
電話番号と一緒に営業時間や定休日などの記載も合わせてオススメします。

問い合わせ表示.png

grayline500.png

ポイント1
ご予約・お問合わせ先をしっかりPRする


ファーストビューで見える範囲

1)サイトの上部または、2)トップバナーに【電話番号・営業時間・定休日】を表示
サイトタイトル・サイト説明の編集
トップバナーの編集
 

3)トップメニューに【お問合わせフォームのページ】、
  または、【お問合わせ方法のページ】を作成
お問合わせの編集
トップメニューの編集


画面をスクロールした際に見える範囲

4)サイドバーに【お問合わせフォームボタン】を表示
「お問合わせフォームボタン」の編集

5)お問合わせにつながる記事の下には、
  【電話番号】を記載、
  または、【お問合わせフォームのページ】への導線(テキストリンク)を追加
テキストリンクの張り方

いますぐサイト内を見直し、適切な場所に、
連絡先や、お問合わせフォームへの導線を追加しましょう。
grayline500.png

ポイント2
メールアドレスへのリンクを使わず、お問合わせフォームを利用する

記事の中に、お問合わせ先としてメールアドレスを記載されている方が、
時折見受けられます。

メールアドレスをクリックすると、メールソフトが立ち上がりますが、

閲覧者の環境によっては、メールソフトの設定から必要になる場合がございます。

また、サイト内にメールアドレスを記載すると、
そのアドレス宛てに、スパムメール(迷惑メール)も届きやすくなります。

お問合わせ率をアップするためにも、メールアドレスのテキストリンクではなく、
お問合わせフォームのご利用をオススメします。

grayline500.png

ポイント3
電話・お問合わせフォーム、2つの窓口で、お問合わせ率UP

電話とお問合わせフォーム、2つの窓口を準備しておく事で、
『見込み客』からのお問合わせ率のアップが期待できます。

電話でしたら、詳細な質問をする事もできますし、
サイトをご覧になった方が、即アクションを起こす事も可能になります。

お問合わせフォームでしたら、営業時間外や電話を受けられない場合でも、
24時間受付けが可能ですし、
興味を持たれたお客様が、時間を気にする事なく、
その場でアクションを起こす事も可能になります。

すぐに回答が貰える電話を好む方もいらっしゃれば、
メールの方が気軽にお問合わせできる、という方もいらっしゃるかと思いますので、
両方の窓口を準備しておくのが、オススメです。

grayline500.png

まとめ

記事からお問合わせフォームへの導線をテキストリンクなどで追加する事

サイトの説明部分やトップバナーに電話番号・営業時間・定休日を記載する事

『閲覧者が迷う事なく、その場でアクションを起こしやすい環境』を強化しましょう。


常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】平日9:00~18:00 /土曜10:00~17:00

平日9:00〜18:00/土曜10:00〜17:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ