簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

ホームページ「制作」と「作成」の検索意図の違いについて

2021/2/15

ホームページ「制作」と「作成」の検索意図の違いについて

ホームページ”せいさく”という場合の漢字は、「制作」と「作成」の他に、「製作」「作製」などなどいろいろな漢字がありますが、ホームページのせいさくは何が正しいのか迷いますよね。

日本語的に調べ見ると「制作」が正しいようですね。もっといえば「作成」も同じような意味なので使っても大丈夫とのこと。

こちらが一般的なのですが、キーワードプランナーという検索数がわかるツールを使うと、「ホームページ 作成」のほうが検索数は多いという結果でした。

 

一番正しいのは「制作」でも「作成」のほうがより使われているとのこと。

Googleは検索意図をどのように感じているのか、検索結果からみえた興味深い結果があったので記事といたしました。

それではいってみましょう

ホームページ制作の検索意図とは?

「ホームページ 制作」で検索いただくと、お住まいの地域の制作会社が上位に来ませんか。

このキーワードは地域を加味した検索結果となっています。

 

ここからいえることは、「ホームページを作ってほしい」という方が選びやすいワードだという仮説が立てられます。

ホームページの制作会社であれば「ホームページ 制作」や「ホームページ 制作 (地域名)」で上位表示を目指したいところですね。

ホームページ作成の検索意図とは?

一方、「ホームページ 作成」の検索意図はどうでしょうか。

検索していただくとわかると思いますが、制作会社よりもホームページ作成ツールやホームページ作成ツールの比較サイトが上位に来ているはずです。

 

ここからいえることは、「ホームページ 作成」と入れる方は自分で作りたい意思をもつ検索意図ということができます。

自作のホームページ作成ツールをアピールしたいなら「ホームページ 作成」で上位表示させたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

検索結果をみて、検索意図を察知し、マーケティングやSEO対策や広告出稿に役立てる、こちらも絶対に必要なスキルです。

参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ