簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

JavaScriptのみで書かれたホームページをGoogleはSEO評価するのか?

2021/3/23

JavaScriptのみで書かれたホームページをGoogleはSEO評価するのか?

ホームページのすべてをJavaScriptで記述してあるホームページをGoogleは評価してくれるのでしょうか。答えはYesです。

2019年5月にGoogleクローラが最新Chrome相当になったというアナウンスがありました。

参考)外部サイト

The new evergreen Googlebot - Google 検索セントラル ブログ
https://developers.google.com/search/blog/2019/05/the-new-evergreen-googlebo
それまではクローラの性能によりJavaScriptを解釈できない(正確には完全に理解できない)こともあり、サーバ側で工夫をしてクローラにアピールしていました。具体的には、サーバ側で事前にHTMLを作成しておき、クローラにはそれを返していたりしました。

クローラが最新のChrome相当となったことで、すべてJavaScriptで記載されていたとしても工夫せず、検索エンジンにアピールできるようになったというわけです。

すべてJavaScriptにすることでのメリット・デメリットは?

SPA(Single Page Application)というものが流行りつつあります。

何かというと、今このページをみていただくとわかりますが、記事部以外のヘッダー、フッター、サイドバナーは全く一緒ですよね。

別の記事を読もうとすると、共通部分も再度読み込んで描画しています。これだと通信容量も増えますし、描画に時間もかかるためいろいろともったいないです。

これを解決するためには、AJAXを使い、差分の記事データだけを非同期で持ってきてDOMで記事部分だけを書き換えたら、一瞬で画面が切り替わる。これがSPAの考え方です。

ストレスなくスクロールし続けられるGoogleマップのような快適さがホームページにも適用されるイメージです。

ただ、今まではクローラの性能によりSPAはSEOに弱いとされてきました。これはクローラの性能向上により回避されました。

ではすべてJavaScript化することでのデメリットは何でしょうか。

SPAになっていればページ更新はものすごく早いのですが、反面、最初にデータをすべて持ってくる必要があるため、初期ロードが遅いということがあります。

これが解決されていくと、今後のホームページの主流になってくる可能性を秘めています。

弊社としてもこの動向を見守りつつも、基礎研究をしているところです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ