簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

SSL通信プロトコルとは?TLSとの違いとは?

2021/3/29

SSL通信プロトコルとは?TLSとの違いとは?

SSLとはSecure Sockets Layer の略でサーバとクライアント間で暗号化通信をする仕組みのことです。

一番最初のバージョンはSSL1.0です。SSL2.0を経て、最終的にSSL3.0となりましたが、どれもセキュリティの問題を抱えていて、結局リリースはされませんでした。

SSL3.0のセキュリティ問題を解決したのがTLS(Transport Layer Security)1.0で、世に初めてリリースされました。
それまで「暗号化通信はSSL」という名前が先行しており、本当はTLS通信と呼ぶべきところが、SSL通信という通称となりました。

時々SSL/TLSという表記があるのはそういう理由です。
TLSも随時バージョンアップを繰り返し、最新バージョンはTLS1.3となっています。

TLS1.0/1.1には重大なセキュリティリスクが

後に、当初リリースされたTLS1.0/1.1には重大なセキュリティリスクがあることがわかりました。

それもあり2020年後半には主要ブラウザを中心に強制的に通信できなくしました。サーバでTLSバージョンアップ対応に追われた方もいらっしゃったでしょう。

まとめ

ちょっとした雑学でしたが、いかがでしたでしょうか。

SSL通信の簡単な仕組みについては以下を参考にしてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ