簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

SEOや修正に強いWebフォントとは?

2021/3/25

SEOや修正に強いWebフォントとは?

今、Webフォントが流行しつつあります。
どういうものでどういう仕組みなのでしょうか。

それではいってみましょう。

通常のフォントの仕組み

フォントというのは文字の形のことです。

MSゴシックとかMS明朝とか聞かれたことあるでしょう。あれもフォントですね。

実際ににフォントを変えられたことがある方でしたら、フォントにより受けるイメージが変わってくるでしょう。

例えば

ゴシック体ならこんな感じ

明朝体ならこんな感じ

です。

ホームページの制作者は、どういうフォントで表示してほしいかというのは指定はできても、実際に表示させるPCやスマホにそのフォントがインストールされていなければ、近いフォントが表示されるなど完全にコントロールできませんでした。

指定したフォントを使うために画像に埋め込むパターンが多かったのです。

Webフォントの登場によって変わってきた

Webフォントとは、HTMLやCSSと一緒にフォントごと送ってしまう仕組みです。

そうすれば、PCやスマホにフォントが無くとも指定したフォントで表示させることが可能です。

画像ではなくテキストを使うことができるため、変更が楽になるだけでなく、SEO的なメリットもあるというわけです。

Webフォントのデメリットとは?

フォントによっては有料のものや、フォントを丸々送るので開くまで時間がかかるデメリットもありました。

しかし、Google Fontsは無料で使えるうえ、Google運用のサービスなので非常に配信速度も速いと評判です。
https://fonts.google.com/

Google Fontsではこんな変わったフォントも使えます。

まとめ

Webフォントをうまく活用すれば、SEOに強く、メンテナンス性も強いランディングページを作ることも可能ですね。

ちなみにこのまとめもGoogle Fontsを使って表示しています。ちょっと他と違うイメージではと。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ