簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

Google Analytics(アナリティクス)の運用で押さえておきたいポイントとは

2021/3/8

Google Analytics(アナリティクス)の運用で押さえておきたいポイントとは

Google Analytics(GA)とはGoogleの提供している無料のアクセス解析ツールです。 Analyiticsの運用にあたって気を付けるポイントについてまとめてみました。

それではいってみましょう。

GAは大きく4つの観点で解析が出来る

GAは大きく4つの観点で解析ができます。

ざっくりとした概念ですが

ユーザーレポート
閲覧者のユーザ像がわかる
集客レポート
どこからサイトへ流入したかがわかる
行動レポート
ホームページ内のユーザの行動がわかる
コンバージョンレポート
成果(問い合わせや購入)がわかる

となります。それぞれについて解説しますね。

ユーザレポート

以下のようなことがわかります。

  • PC/モバイルユーザの動向がわかる(モバイル)
  • 年齢/性別などのユーザ層が見える(ユーザの分布)
  • 住んでいる地域がわかる(地域)
  • 新規/リピーターの動向がわかる(行動)
  • ユーザーの導線が見える(ユーザーのフロー)
  • 同業種との比較が出来る(ベンチマーク)
  • ユーザの興味がわかる(インタレストカテゴリー)

集客レポート

  • どういう媒体経由で集客しているかわかる(チャネル)
  • どういう検索ワードで来訪したかがわかる(キーワード)
  • どのサイト(URL)から来訪したかがわかる(すべての参照)
  • キーワードの平均検索順位やCTRがわかる(検索エンジン最適化)

行動レポート

  • どのページが人気があるかがわかる(サイトコンテンツ)
  • サーバの応答速度がわかる(平均読み込み時間)
  • どのリンクやバナーが人気があるかがわかる(ページ解析)
  • 着地するページが読まれているかがわかる(ランディングページ)

コンバージョンレポート

  • 目標に達したメディアがわかる(サマリー)
  • 目標に達するまで、どこで離脱しているかがわかる(目標到達プロセス)
  • どういう経路で目標に達しているかがわかる(ゴールフロー)
  • コンバージョンに達するまでの期間がわかる(期間)

概要をみるとおおよその状況がわかる

ユーザ集客行動コンバージョンレポートの【概要】をみます。

これだけみればおおよそのことがわかります。

特に注意すべきポイントは【滞在時間】と【直帰率です。 ECサイトであれば、コンバージョン率、数の推移です。

Analyticsをより便利に使うために


Analyticsをより便利に使うためのメモです。
  • よく見る項目はショートカット機能で登録しておくと便利
  • リアルタイムレポートは、Analyticsタグの設置確認にも使える
  • リスティング広告を効果的に活用するためにも活用できる
  • セカンダリーディメンジョン」は深堀りした解析に便利
  • 上記に似た機能として「セグメント」がある
  • メルマガ配信やイベントがある際はメモ機能で記録を残す
  • 必要な情報がなければ「カスタムレポート」で自身で作成出来る

まとめ

各種レポートをもとに、仮説&検証を繰り返して改善していくことが必要となります。 これが一番マーケッターとして楽しく、やりがいのある瞬間でもあります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ