簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

名刺やメールフッターにホームページのURLはどう書くべきか?

2021/4/16

名刺やメールフッターにホームページのURLはどう書くべきか?

名刺やメールフッターにホームページURLを記載するときの方法について記載したいと思います。
弊社の場合だとドメインがamsstudio.jpとなります。

www.amsstudio.jp
www.amsstudio.jp/
いずれでもアクセスできます。また、

https://amsstudio.jp
https://amsstudio.jp/
でもアクセスできます。

オススメとしては、常時SSL化しているなら下記の一択です。

https://amsstudio.jp/

理由は、入力する文字が少ないこと、https://を入れることで常時SSL化をしており、閲覧者のことを考えている企業だということを暗にアピールできるからです。

ドメインの最後にいれる/をWeb用語で「トレーリングスラッシュ」といったりしますが、これは別にあってもなくてもどちらでもOKです。SEO的にもプラスもマイナスもありません。

あわせてwwwがあってもなくてもSEO的に変わりはありません。
ただ、気を付けるべき点が2点あります。

URLは正規化されているか?

先に書きましたように、URLはwwwありでもなしでもhttpでもhttpsでも表示できてしまいます。
それを正規化することで、どれか一つに絞る必要があります。

その正規化したURLを名刺に書くのがベターとも言えます。
もし正規化がまだでしたら

https://(www無しドメイン)/
もしくは
https://(www無しドメイン)

という形に正規化するのがいいでしょう。

ディレクトリーの場合は/が必須

世界展開されているような企業で日本語の公式サイトが

https://amsstudio.jp/jp/

だった場合はこれを

https://amsstudio.jp/jp
とすると表示されるかもしれませんが、「ディレクトリ」ではなく、「ファイル」という意味になってしまうので要注意です。
ディレクトリ形式の場合は必ず/を入れるようにしましょう。

まとめ

他社様の名刺や、メールフッターをみてみても、
https://amsstudio.jp/
と最後にスラッシュを付けているものが多かったです。
wwwはついてたりついて無かったり様々でした。

常時SSL化していてもhttp://となっているものも多く、もったいなく感じました。

http://の場合で将来的にSSL化を予定しているなら、
URL amsstudio.jp

のようにプロトコル名http://を省くか、見ている人はみているので名刺を刷り直す、もしくはhttp://のところをhttps://にシールを張るなどが必要かもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ