簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

「.jp」にSEO的な効果はあるのか?

2021/4/29

「.jp」にSEO的な効果はあるのか?

Googleは、特定のTLDにSEO的な効果を正式には認めていません。
基本的に、新しい gTLD も他の gTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。
検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

ウェブマスター向け公式ブログより抜粋

ただ、ccTLDで国をみているということは認めているので、.jpは日本のドメインだと認識しているということになります。

日本人向けのドメインなので「日本在住の日本人に対して優先的に表示させる」というのは、ありえない話ではありません。
今はいろいろな手段でジオターゲティングの情報を手にできる。たとえば、ccTLDだ。gTLDの場合はSearch Consoleのインターナショナルターゲティングを設定できる。hreflangの情報も利用できる。

グローバル化が進んだし、CDNが利用されるようになり、IPアドレスによる判断は必要性が薄れてきた。

このような背景から、ジオターゲティングにIPアドレスをまったく使わなくなった。

グローバルサイトのSEO、今はIPアドレスを気にする必要なし(Web担当者フォーラム)より抜粋

さらに信頼性の高い「.co.jp」(シーオージェイピー)

「.co.jp」は、ドメインを管理している上位機関(JPRS)の審査を通過し取得できる「.jp」よりさらに特別で敷居の高いドメインとなります。

「.co.jp」には下記の取得条件があるため、「.com」などよりも比較的自由に選べて、「.jp」よりも信頼性はさらに高いと言えます。
  • 日本で登記している法人のみ取得できる
  • 基本1組織1ドメインだけ取得できる
  • 取得の際に審査があり、履歴(現在)事項全部証明書の提出が場合によっては必要
  • 一旦ドメイン名を取得してしまうと、変更が非常に大変
一旦「co.jp」ドメインを取得して、後から変更しようと思うと非常に大変なので慎重に決めましょう。
ドメイン取得の敷居が高いものはSEO効果も期待できます。

「.jp」「.co.jp」のデメリットは?

あえて「.jp」「.co.jp」のデメリットをあげるとすると「.com」などと比較して価格が高いということでしょうか。

昨今では、フィッシング詐欺や個人情報漏洩など、WEB上には脅威が多く、閲覧者は安心して閲覧できるサイトを求めています。「.jp」や「.co.jp」で、さらに、SSL対応をしているサイトだと閲覧者により高い安心感を与えることができます。

価格以上のメリットが「.jp」「.co.jp」にはあると言っても過言ではないでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ