簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

strongタグはSEO上効果はあるか?

2021/4/27

strongタグはSEO上効果はあるか?

こちらのようにキーワードを強調させたいときにはstrongタグを使います。このstrongタグはSEO効果があるのでしょうか。

もしかしたらあるかもしれないという感じでしょうか。個人的には全く気にしてませんし、どちらかといえば閲覧者に読んでいただきたい内容にstrongタグで強調するようにしていて、SEO的な目的では全く使ってはいません。

ただstrongタグ注意点がある

たとえば、上位表示させたいキーワードがあったとしてすべてその単語だけがstrongタグで囲まれていたらどうでしょうか。きっと違和感があるでしょう。また、その見た目の違和感をなくすために、CSSでstrongタグを太字とみせずに通常と同じ見せ方にするテクニックもあるにはあります。

そもそも、それほど効果が期待できないstrongタグを多用すること、そして、それをCSSで通常と同じように見せるのは場合によりペナルティになる行為といえます。

その時間があれば、別のコンテンツを作成するもしくはタイトルタグに専念されたほうがいいかというのが個人的な考えです。

bタグとstrongタグではどう違う?

見た目を太字にするだけならbタグも同様です。ではSEO上の違いはあるのでしょうか。Googleの正式コメントで、どちらも差はないとのこと。

他の検索エンジンのこともあるので論理的な意味もあるstrongを使うに越したことはないでしょうね。(bタグはもともとデザイン的な強調という意味)

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ