簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

AMSニュース

簡単ホームページ作成ツール「AMS」の便利な使い方や新機能などを随時お知らせ

2015年4月アーカイブ


タップメニュー.jpg

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

GW休業のお知らせ.jpg



もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。


※2015年4月に作成したコンテンツに改訂を加えております。

SEO初心者を対象に、最低限押さえておきたいSEOのポイントをまとめました。
また、SEOを行う上で、決して忘れてはいけないことを+αとしてまとめていますので、是非最後までお読みください。

ポイント1:ページタイトル(Titleタグ)

ブラウザのタブや検索結果に表示されるものを 「ページタイトル」といいます。

pagetitle-1.png


ページタイトルはSEOで最も重要なポイントといっても過言ではありません。
非常に重要な箇所にも関わらず 「TOP」とか「HOME」、そもそも何も入れていないケースも見受けられます。すごくいいコンテンツなのに非常にもったいないなと感じることも。

上記のようなケースでは、狙っているキーワードを入れたページタイトルに変更しただけで、上位表示されることが結構あります。

ページタイトルは検索結果のタイトルにも使われるため、クリックされやすいようにキャッチーなタイトルでかつ、上位表示させたい キーワードを入れるようにしましょう。

逆にいえば、ページタイトルに上位表示させたいキーワードを入れていないと上位表示されにくくなりますのでご注意ください。(←ここ、重要です)

ページタイトルについて、いくつか注意事項があります。

①ページタイトルは極力20文字以内に収める

パソコン(PC)のGoogle検索結果に表示されるページタイトルは全角28文字前後(※)となっていてそれ以上の文字数だと、「...」と省略されることがあります。

※2014年3月以前は全角32文字前後でした。昔からのサイト運営者の方、ご注意ください。

Yahoo!やGoogleスマートフォン用の検索結果は2015年4月現在も32文字前後ですが、Google PC用にあわせたほうがいいでしょうね。

■ページタイトルにキーワードを詰め込みすぎると、それぞれのキーワードの効果が薄まる傾向があるので、 全角20文字程度に収めるのがオススメ

その理由を、ある実験に例えて説明します。小学校の時、虫眼鏡で黒い紙を焦がす実験した方、多いのではと思います。

■集める光が狭い (出現するキーワードが少ない)と、 紙の温度が上がり、紙は焦げます。(効果が高い)

■集める光が広い (キーワードが多い)と、紙が温かくなるだけで紙は焦げない、すなわち効果が低くなる。

そんなイメージでとらえていただけるとわかりやすいと思います。

ページタイトルの付け方についてこちらも参考にしてください。

■SEO専門家が監修!ページタイトルの付け方

②各ページごとに、ページタイトルを設定する

全ページ共通のページタイトルにしてしまうと、検索結果にページタイトルの内容を採用してくれないこともあります。

「Google:どのページをみても同じページタイトルなので、こちら側で勝手にコンテンツをみて、タイトルを作成しますね。」って感じですね。

こうなった場合、検索エンジン側で検索結果を自動的に作成してくれるので、検索結果をサイト運営者側でコントロールできなくなることになります。

面倒ですが、各ページごとにきちんとページタイトルを設定しましょう。苦労するだけの対価は得られるはずです。

ポイント2:メタディスクリプション(meta description)

メタディスクリプションに記載すると、検索結果の説明文として表示されます。

ページタイトルと同じで、ここでうまくアピールすることで検索結果からの誘導率をアップさせることが可能です。
コツとしては、上位表示させたいキーワードを入れつつもキャッチーな内容とするのがオススメです。

ここでの注意事項としては

①50文字程度でページの概要を書く

PC用の検索結果に表示されるメタディスクリプションの文字数は120文字前後ですが、スマートフォンの検索結果は50文字程度となります。

メタディスクリプションの後半にアピールしたいことを書いてもスマートフォンの検索結果に表示されないことも。もったいないですよね。

50文字程度で、ページの内容を端的にアピールしましょう。もし補足があれば、PC向けに50文字以降を追加する形がオススメです。

②各ページごとに、ディスクリプションを設定する

考え方は、ページタイトルと同じです。全ページ共通のディスクリプションにしてしまうと、検索結果にディスクリプションを採用してくれないこともあります。

その場合、検索エンジン側で検索結果を自動的に作成するので、検索結果をサイト運営者側でコントロールできなくなることになります。

ポイント3:被リンク

「コンテンツSEO」という単語聞かれたことないでしょうか。以前はSEOといえば、被リンクと言われた時代もありましたが、今やSEOはコンテンツの時代だとも言われています。

それは、確かに事実ですが、 被リンクの効果が0になったというわけではありません。

被リンクは今でも、SEOには重要なポイントでもあるので、こちらの記事を参考にしてみてください。

■被リンクとは?初心者でもわかる重要性と集め方

まとめ(+αとは?)

一番お伝えしたかったことを+αとしてまとめます。

キャッチーなページタイトルやディスクリプションを付けたとしても、そのページ内容がかけ離れていると、閲覧者はガッカリして離脱してしまうという事実です。

ここで、なぜかというのを考えてみましょう。皆さまが検索される時というのは、何かを調べたいときがほとんどだと思います。

その際、自分の探している情報かどうかを検索結果のタイトルと説明文(ディスクリプション)をみて判断するはずです。

探している答えとなりそうな情報であれば、検索結果の下位に表示されていてもクリックされた経験もあるのでは?

これが、キャッチーなタイトルやディスクリプションであることが重要であるという理由です。

とはいえ、キャッチーな内容で自サイトに誘導したとしても、コンテンツの内容が閲覧者の期待に応えられていないと、戻るボタン等で検索結果に戻ってしまいます。

ページタイトルとディスクリプションの内容に負けない、しっかりした コンテンツ(内容)であることが求められます。

すなわち、閲覧者の探している答えとなるような、しっかりとしたコンテンツ。そして、それをキャッチーにしてアピール出来るようなタイトルとディスクリプションであること。

これが、これからのSEO対策の基礎といえます。

閲覧者の立場になって考えた、役立つコンテンツであれば、自然にいろいろな方が紹介してくれ、被リンクや口コミ効果も期待できます。

素晴らしいコンテンツを提供していれば、自然とポイント3の『被リンク』に繋がるわけでこれが本来Googleが求めている姿ともいえます。

是非、閲覧者にとって役立つコンテンツを発信するということを常に頭に入れながらサイト運営をしていってくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

ホームページをより多くの人に見てもらうためには、いくつかの要素とテクニックが必要です。
今回はその中の一つの要素である、【被リンク(ひりんく)】について、お話します。


被リンクとは?

他のWEBサイトから自分のサイトへリンクを張ってもらうことを「被リンク」といいます。



被リンクイメージ.png



なぜ、被リンクが重要なの?

被リンクが多いサイトは、人気のあるサイトとして、Googleなどの検索エンジンに認識され、
検索結果の上位に表示されやすいと言われています。



どうやって、被リンクを集めるの?

ホームページを始めるとSEO業者から、
『検索結果で順位あげますよ。大量の被リンク張りますよ!』
という、営業の電話がかかってくることがあります。

昔は効果があった手法とされてきましたが、
これは、絶対にしてはいけません(2015年4月現在)。

最近の検索エンジンは、とても優秀で、
関連性の薄いサイトや情報量のないサイトからの被リンクが
たくさんあったりすると、【意図的な被リンク】ということで、
最悪スパム判定(悪質な行為と判定)をされて、検索結果にすら出なくなる可能性もあります。

被リンクは、良質でかつ、自然なリンクであることが、重要なのです。


どうやって、良質で自然な被リンクを集めるの?

サイトの運営者やSNSで、他のサイトのリンクを張る時は、その情報を紹介したい時です。

・ためになる情報を見つけたので、サイト閲覧者やお友達にも教えたい

・素敵なサイトを見つけたので、他の人にも知ってほしい

・お得なキャンペーンを共有したい

などなど。

上記のような情報があなたのサイトにあれば、自然とリンクをしてもらえます。

ですが、すぐにリンクをしてもらえるなんて、世の中そんなに甘くありません。
自然にリンクをもらえるように、自分でPRすることが重要なのです。


PRはどうやってすれば良いの?

 

1.SNSを利用しよう

FacebookやTwitterで投稿する時には、投稿の中に必ずサイトのURLをいれておきましょう。

SNSは、無料で情報を拡散でき、知り合いの知り合いや、
情報に興味をもった人たちにリーチしやすい特性があります。

閲覧者にとって、役に立ち、解決策となるであろう記事をサイトに掲載します。
自サイトに関係のあるテーマであれば、見込み客を集めることも出来るため
より効果的です。

次はその記事をSNSを使って拡散し、多くの人へサイトの存在をお知らせします。

そうはいっても、リンク張ってくれるかどうかは、神頼みでしょ?
その通りですが、閲覧者にとって本当に役に立つ情報であれば、時間はかかるかもしれませんが
じわじわと広がっていきます。

FacebookもTwitterには広告という手段があるので、広告の力を借りて
その伝達速度をあげることも可能です。


2.リンクをお願いする

ここで、再度お話しますが、SEO業者からリンクを購入することは、絶対にオススメしません。
その時点で不自然なリンクとなってしまうからです。
Googleも有料リンクの購入は、違反としています。ご注意ください。

では、一体誰にお願いすればいいの?、いいますと。
あなたのサイトの利用者です。

あなたのサイトから何かを買ったり、取引があった方へ、お礼のメールとともに、

『よろしければ、ブログやSNSで当ホームページをご紹介ください。』の一文を。

あなたの発信する情報や商品・サービスが素晴らしければ、
ご紹介いただけるチャンスとなります。

お互いにリンクをお願いしあう、相互リンクという手段もありますが、
これは意図的な被リンクとみなされる可能性もあります。

地道ではありますが、あくまで自然にリンクしてもらえる事を常に頭にいれて、
自分のサイトを上手にPRしていきましょう。

Webの世界は、閲覧者に役立つコンテンツであれば、
自然と口コミで広がる仕組みになっていますので、閲覧者にとって役立つ良質なコンテンツを作成するということも、
常に頭に入れておいてくださいね。


3.リンクを張ってくれるチャンスを活用する

あなたが他サイトのサービスを利用した時に、
お客様の声などで、あなたのサイトを紹介してくれるチャンスもあります。
そういう募集があれば積極的に活用するのもオススメです。

組合のホームページなどでリンクを張ってくれるものがあれば、利用するのもいいですね。
とはいえ、無尽蔵にリンクを増やすのはNGです。あくまで自サイトと関係性が高いものに限定すべきです。



最後にこの記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。
 


もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

モバイル フレンドリー テスト600.png

あなたのホームページはスマートフォン対応済みですか?
 
既にご存知の方も多いと思いますが、2015年4月21日から、
「ホームページがスマートフォン対応をしているかどうかで
モバイル検索順位に影響がある」というGoogle社からのアナウンスがありました。
 

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

今日は、[関東クリーンセンター]様をご紹介します。
 
★安心・責任・丁寧をモットーに。遺品整理・遺品処分は、関東クリーンセンターまで
 
東京・埼玉・千葉をはじめ関東一円で遺品整理・遺品処分、急な倒産・競売の片づけなどを承っております。
また店舗内装解体や店舗原状回復を東京・埼玉・千葉で柔軟に依頼対応しています。

見積もり無料、ご相談無料です。
埼玉県にある関東クリーンセンターまで、お問い合わせください!
 
サイトはこちら⇒http://kanto-cleancenter.com/
 
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*


関東クリーンセンター600.png

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

今日は、[自分史ビデオ制作の松井企画事務所]様をご紹介します。
 
★人生の節目に自分史ビデオを作りませんか?
 
自分史の貴重な体験を次世代に映像で残されることが、
まだまだ映像制作費用が高い為に、一般化されていません。
 
ホームページの立ち上げにも、一部の内容を映像で紹介される会社はまだごく僅か。
この分野で多くの人々にご協力したく思っております。

制作費用については御相談させて頂きます。
 
サイトはこちら⇒http://jibunshi-video.info/
 
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*


自分史ビデオ制作600.png

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

今日は、[サラスワティ カレッジ]様をご紹介します。
 
あなたの眠っている能力を磨いて、周りの人を笑顔に
 
自分自身を変えたい。
人生をやり直せるならもう一度生まれ変わりたい。

誰もが一度は思った事があると思います。
そんな時は是非、サラスワティ カレッジまでお電話ください。
 
サイトはこちら⇒http://39saraswati.com/
 
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*


サラスワティカレッジ600.png

もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。

【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ