簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

【初心者向け】DNSの簡単な仕組みとは?

2021/4/26

【初心者向け】DNSの簡単な仕組みとは?

DNSとはDomain Name Serviceの略です。ドメイン名とIPアドレスを紐づける関係のことです。仕組み的にはホームページが格納されているサーバのIPアドレスがわからないと、データを送受信することができません。

そこでIPアドレスをドメイン名を紐づける仕組みが必要になりそれがDNSというわけです。具体的な流れは技術的に一部簡易化しているところもありますがこうです。

  • ①アクセスしたいホームページのドメインのIPアドレスをDNSサーバに照会する
  • ②DNSサーバより、ホームページサーバのIPアドレスが返ってくる
  • ③DNSサーバより返ってきたIPアドレスに対してホームページのデータを要求する
  • ④ホームページを表示する

という流れになります。

DNS設定とは

以下少し技術的なところを掘り下げていきます。Webの世界にいるとDNS設定というものをする機会があると思います。

ここに「このドメイン名のIPアドレスは○○」というように指定していくわけです。これをゾーンファイルといいます。

このゾーンファイルには、メールサーバのIPアドレスなどドメインに関する情報が詳しく書かれています。

ちなみにこのゾーンファイルを持っているサーバを権威DNSサーバといいます。

世界中にはたくさんのDNSサーバがある

世界中にはたくさんのDNSサーバがあり、権威DNSサーバより、その情報が伝播していきます。いわば拡散でしょうか。世界中のDNSサーバに伝播が終わるまで、数日かかるケースがあります。

これがDNS情報を変更してもなかなか変わらない理由です。本当は世界中に1台だけDNSサーバがあって、それが権威DNSサーバなのであれば、そういうこともないのでしょうけれど、大量のアクセスをさばききれないので、DNSは分散管理されています。DNSはその仕組みから分散型データベースとも呼ばれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。少々わかりづらかったかもしれないので、随時加筆修正していきますね。

DNSサーバとはドメイン名とサーバのIPアドレスを変換するサーバのことで、変換する対応表のことをゾーンファイルといい、そのゾーンファイルを保持しているのが権威DNSサーバである。

そして権威DNSサーバの情報が新規追加されたり、変更になった場合は数日かけて世界中のDNSサーバに伝播されると理解いただければOKです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ