簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

Googleサーチコンソールとアナリティクスの違いとは?

2021/5/29

サーチコンソールとアナリティクスの違い

Googleが無償で提供してくれているサーチコンソールとアナリティクス。どちらもホームページを開設したら導入しておきたい必須なツールです。

初心者の方にとっては、サーチコンソールとアナリティクスって、何がどう違うのかわかりにくいかもしれませんね。それぞれ何ができるのかという観点からお伝えしますね。

サーチコンソールはGoogleとの対話ツール

Google(検索エンジン)が教えてくれる

サーチコンソールは、登録したホームページについて、今どれだけGoogle(検索エンジン)のデータベースに登録されているか、Google(検索エンジン)からみたホームページの状況や問題点、どのようなキーワードでホームページが表示されたか、などをレポートしてくれたり、

ホームページオーナーがGoogle(検索エンジン)に依頼する

ホームページオーナーは、ホームページができたこと、新しい記事を更新したことをGoogle(検索エンジン)に申請して、Googleの巡回プログラムに回ってきてもらう、

といったことをすることができるツールなのです。

「サーチ」は検索エンジンのこと、「コンソール」はコンピューターと意思疎通するための道具という意味です。またサーチコンソールは、もともとは「ウェブマスターツール」と呼んでいました。

アナリティクスはアクセス解析ツール

訪問したユーザーが、その後ホームページ内で、どのようなページを見て回ってくれたのか、どれくらいの時間滞在していたのか、どの地域からアクセスしているのか、スマホユーザーかパソコンユーザーか、どんなブラウザを使っているのか、といったユーザーの属性や、ホームページに訪問してからの行動について、多角的にレポートしてくれるツールです。

アクセスを解析・分析し各種レポートとして見える化することができ、ホームページの問題点を考察推察し、改善するための貴重な情報源です。

参考になれば幸いです。

常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ