簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

Google Analyticsの(not provided)とはそしてその解析方法とは?

2021/3/8

Google Analyticsの(not provided)とはそしてその解析方法とは?

not providedとは?

Analyticsでどういうキーワードで来たかなと見ようとすると (not provided)というものが大量にあるのを見たことありませんでしょうか。

これはGoogleから閲覧者が来訪したキーワードを提供されなかったという意味になります。 なぜこうなったかというとプライバシー保護のためといわれています。

SSL通信によりキーワードを暗号化されたためという触れ込みではありますが

後述するGoogleサーチコンソールで検索したキーワードをみれることから、 SSL通信によりキーワードが見れなくなったというよりも あえてキーワードを提供しないようにしているほうが正しいのかもしれません。

not provided対策は?

キーワードがみれなくなると、ページにどういうキーワードで来ているかがわからないので マーケティングをする上での支障となります。

そんなときに役立つのは、Googleサーチコンソールの「検索パフォーマンス」という機能です。 この機能を使えば、どういうキーワードでどれくらい表示されて、何クリックされたのがわかるようになっています。

Analyticsはあるキーワードで何回表示されたかまではわからないのである意味上位互換の機能といえます。

例えば検索結果の1位に表示されていたとします。 100回表示があればせめて30%の30クリックは欲しいところです。

これがもし10クリックだったらどうでしょう。1位表示されているのに 10%の方しかクリックしていただけていないことがわかります。

で実際にそのキーワードで検索してみると、タイトルタグはディスクリプションが検索したワードとマッチしていない、すなわち閲覧者は無意識にこれは探してた答えじゃないと思う可能性も。

そうなるともしかしたら将来的に順位が下がてしまう可能性も。 そこで、検索キーワードにマッチした結果になるようにタイトルタグやディスクリプションを変更していくという改善を行うことで順位をキープ場合によってはさらにアップできる可能性もあります。

まとめ

検索パフォーマンス」という機能は癖がありますが うまく活用すればマーケティングに役立ってくれます。

参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ