簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

ホームページやランディングページのPDCAサイクルとは?

2021/3/11

ホームページやランディングページのPDCAサイクルとは?

PDCAサイクルとはPlan(計画)-Do(実行)-Check(検証)-Action(改善)の頭文字を取ったものです。
AActともいいます

これらを繰り返し、継続的に改善していくことをいいます。

ホームページやランディングページにもPDCAサイクルを回すことで大きな効果が出てきます。

弊社でのPDCAサイクルの例



弊社AMSでもランディングページ(LP)には特にPDCAサイクルを高速で回すことを心がけました。
https://amsstudio.jp/hp_agency/

例えばファーストビューに王冠画像を設置することでコンバージョンがアップするのではという仮説を立てました。


これがPlanですね。

実際に、王冠画像を配置してみる。
Doですね。

そしてAnalyticsを使ってコンバージョン率がどう変化したかを計測します。
これがCheckとなります。

もし期待した通りの結果でなければ戻しますし、プラスの評価になれば継続します。
これがAction(Act)ですね。

余談ですが、実際に王冠は大きくプラスに働いたので配置しています。
それを繰り返してランディングページを最適化していきます。

ここでのポイントは検証を極力1つに絞ることです。複数あるとどちらがプラスになったのかわからないからです。

広告出稿についても同様に、様々PDCAサイクルを回して今に至ります。

広告は超高速でPDCAサイクルを回せるので重宝しています。というのは広告はクリエイティブ(広告文やバナー)を変えたり、掲載順位などもすぐに変更できるからです。失敗したなと思ったらすぐに戻すことも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホームページやランディングページ、そして広告をPDCAサイクルを繰り返して、売り上げアップにつなげていきます。
それにはアクセス解析(Analytics)のデータ分析力が重要になってきます。

こちらの情報も参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。好きな番組:ポケットモンスター。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ