全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

SSL証明書の種類について(ドメイン認証型、企業認証型、EV)

img-ssl-certificate-type.jpg

暗号化通信のために必要なSSL証明書ですが、3種類あるってご存じでしたか。

ドメイン認証(DV)型企業認証(OV)型EVというものになり、右に行くにしたがって価格もアップします。

実は価格が違っても、暗号強度は一緒なんです。すなわちお金をかければ暗号化通信に強くなるというものではありません。じゃあ、何が違うのというと、右に行くにしたがって、SSL証明書の発行の際、企業の実在審査がきっちりとなされます

3つある証明書の目的は、暗号強度ではなく、主にフィッシング詐欺対策なんです。 ここではそれぞれの特徴についてみていきましょう。

ドメイン認証(DV)型

一番よく使われている証明書です。ドメインの使用権を確認することが、SSL証明書の発行条件です。サービスによっては無料で簡単に発行できるため、フィッシング詐欺対策にはなりません。

https通信をしてるから正規のサイトとは言えないということですね。

企業認証(OV)型

法人がちゃんと存在しているかを証明しないと発行されません。帝国データバンクへの登録もしくは登記簿謄本の提出が必要になってきます。

EV型

企業の実在証明にプラスして、企業の活動実績なども審査の対象になります。より厳格な実在審査があるというわけです。昔はEV型の証明書だと緑のバーがでたり、企業名が出たりしましたが、最新のブラウザではEV型でもDV型、OV型と同じように鍵マークだけになりました。

まとめ

現状では閲覧者はぱっと見て、どの証明書を使ってるかわからない状況です。緑色にならないのでEV型までするメリットも少なくなってきています。近い将来Chromeは鍵マーク自体を消してしまうという計画のようです。

SSL証明書はあって当たり前という時代になってきていますね。 ちなみにSSL通信の簡単な仕組みについては以下も参考にしてください。

この記事を書いたのは

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

株式会社AMS 取締役副社長 古倉 功一

2005年からSEOに本格的に取り組み、SEO歴は15年以上。現在はリスティング広告、SEOをメインにしたWebコンサルを提供中。

  • 石川県産業創出支援機構(ISICO)「お店ばたけ」ホームページドクター
  • セミナー講師(Webマーケティング、SEO、PPC広告等)
  • ミラサポ専門家登録(派遣先からの総合評価平均 5点中4.9)
banner_agency.png
sidebanner_ams.gif
sidebanner_manual.gif
sidebanner_contact.gif

会社概要

社名 株式会社AMS
本社 石川県金沢市問屋町2丁目99番地
代表者 代表取締役 若林 雄一郎
会社HP https://amsstudio.jp/
お気軽にご相談ください
0120-55-4682
【受付時間】月〜金9:00〜18:00 ※祝日除く