簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

Amazonを語るフィッシングメールを見破るポイント

2021/5/11

Amazonを語るフィッシングメールを見破るポイント

フィッシングメールは日本国内に向けて8億通も送信されているとも言われています。中でも、断トツに多いのが、Amazonや楽天を騙るフィッシングメール。

巧妙さがますます増してきているフィッシングメール、どのようにして見破ればいいのでしょうか?Amazon公式を装うフィッシングメールを見破るための、ひとつのご提案です。

個人情報の確認を促すメールは送りません

Amazon公式サイトでは、「Amazon.co.jpでは、お客様の個人情報をEメールで送っていただくようお願いすることは決してありません」、と注意喚起しています。

フィッシングの手口のひとつは、様々な理由をつけて情報確認を促して、公式サイトを装った偽のサイトに誘導して、個人情報やログイン認証情報を盗もうとすることです。

そのような情報確認を促すメールは、Amazon公式からは送りません、と断言されています。

先ずはこの点を頭に入れて、フィッシングを防備しましょう。

Amazon公式のメッセージセンターをチェック

Amazonは、ユーザーに送信したメールを、Amazon公式サイト上でも提供するメッセージセンターというサービスがあります。

※Amazonトップ右上の「アカウント&リスト」> アカウント > メッセージセンター

Amazonからきた(実はフィッシング)と思ったメールでも、同じ内容のものが、Amazon公式サイトのメッセージセンターにはなかったら、それはAmazon公式以外からのメールである可能性が大です。

Amazonのメールアドレスでも詐称の可能性あり

Amazonからのメールかどうかの判断として、メールソフトに表示されている送信者のメールアドレスがAmazonのメールアドレスかどうかを確認されるというかたは多いと思います。

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com

などなど。

しかし、送信者のメールアドレスは詐称できるのです。

受信したメールに含まれるメールヘッダという情報の中に含まれるFromという項目を、メール送信者としてメールソフトが表示するのですが、メールヘッダを送信者側で編集することが可能なのです。

メールソフトで、送信者がAmazon.co.jp となっていても、そうではない可能性があります。

どうぞその点もご注意ください。

常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ