簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

関連する自社記事にリンクを張りユーザビリティをアップしましょう

2021/5/28

関連する自社記事にリンクを張りユーザービリティをアップしましょう

記事を書いている時や構想されているときに、そういえば今回の記事内容について関連した記事をすでにアップしていたな!と思い出されたら、ユーザー満足度アップのチャンスです。

関連する記事に内部リンクを張る

例えば、ホームページ制作分野で出てくる専門用語として、「ファーストビュー」という用語があります。

【例文】

ユーザー(見込み客)は、この「ファーストビュー」を、ちらっと見て、その先スクロールして読み進めるかどうかを判断するので、ホームページ制作において、重要な領域なのです。

と記事として書いたときに、「ファーストビュー」部分に、参考情報としてその専門用語を解説した自社内のページへリンクを張るのです。

【参照リンクを張った例文】
ユーザー(見込み客)は、この「ファーストビュー」を、ちらっと見て、その先スクロールして読み進めるかどうかを判断するので、ホームページ制作において、重要な領域なのです。

または、別途、その文章の下部に、引用として示す形も分かりやすいですね。

【参照リンクを別途引用の形とした例文】

ユーザー(見込み客)は、この「ファーストビュー」を、ちらっと見て、その先スクロールして読み進めるかどうかを判断するので、ホームページ制作において、重要な領域なのです。

このようにすると、専門用語の意味がわからないことで、ユーザーにとって文章全体の意味がぼんやりとしてしまうのを防ぎ、丁寧で良い印象を持っていただけると思います。

ユーザビリティ(ユーザーにとっての使い勝手)がよくなることで、自社サイト内の回遊率や、滞在時間もアップします。

SEO的にも効果

このように関連性のあるページ同士を内部リンクで繋ぐことで、リンク先のページの評価を上げることができます。また、さきほどの、自社サイト内の回遊率がアップすること、滞在時間がアップすることも、サイトの評価をあげることにつながります。

関連する記事に参照するリンクを張ることは、訪問ユーザーに喜ばれ、SEO的にも効果がある、一石二鳥のとても良い施策なのです。

用語の解説ページだけにこだわらず、関連する情報や、訪問ユーザーのユーザビリティの向上につながりそうな内部リンク(自社サイト内へのリンク)は積極的に張っていきましょう。

ご参考になれば幸いです。

常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ