簡単ホームページ作成ツールならAMS - まずはお試し

全国対応!まずはご相談ください 電話番号0120-55-4682

ホームページのメニューに英語を使いたくなったら


英語格言.jpg

ホームページのメニューに英語を使いたいという方、よくいらっしゃいます。「カッコいいから」とか「オシャレだから」というのが主な理由です。

英語の方が確かにカッコいいし、オシャレですよね!

ただ、考えていただきたいのが、ホームページを一番見ていただきたい閲覧者は英語を母国語とする方でしょうか?多くの場合、日本語を母国語とする方のはずです。

閲覧者視点に立つと、英語のメニューを使うというのは単なる運営者のこだわりであり、閲覧者のためになっていないことが多いです。

たとえば「お問い合わせ」の代わりに「Inquiry」とした場合、パッと見て直ぐに理解できる方はどのくらいいらっしゃいますでしょうか。若者は理解できても、ご年配の方は意味がわからないかもしれません。

全ての閲覧者にすぐにわかるメニューであれば問題無いですが、英語を使う時点で閲覧者のターゲットは限定されてしまうことになってしまいます。

今までたくさんのホームページを制作&コンサルティングしてきた経験からすると、英語のメニューを使われているホームページは効果が出にくい傾向があります。

英語を使うことがダメというわけではない

例外として、ブランドイメージのためとか、オシャレ感を全面にだす必要のある業界の場合は、メニューに英語を使うのはありだとも思っています。

ただ、メニューに英語を使うことで日本語での検索順位的に、マイナスになることもあるので極力日本語メニューを使うことをオススメいたします。

デザイン性をアピールしたいことはよく理解できますが一旦立ち止まって、閲覧者視点で考えてみることをオススメします。

参考: 全ては閲覧者のために - ホームページ制作で絶対に抑えるべきポイントとは?
この記事を書いた人
AMSスタッフ

加藤 忠お客様サポート・WEB集客

ホームページを持つことで、あなたのビジネスがもっと飛躍できるためのサポートを心掛けています。

夢は全国のAMSユーザーに会いに行くこと。


常時SSL+スマホサイト最適化の効果の出るホームページが39,800円!
【0120-55-4682】月~金曜9:00~18:00

月~金曜9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
AMS簡単ホームページ作成ツール
あなたのサイトをPRしましょう!
AMSマニュアル
よくある質問と回答
AMSお問合わせ

月別アーカイブ